電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 10:00
2つの等間隔円形アレーアンテナのMIMO固有モード伝送とOAM伝送の類似性
平野拓一東工大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近年、光分野で提案されたOAM(orbital angular momentum)と呼ばれる新しい通信方式が無線通信分野でも注目を集めている。OAMとMIMO(multiple-input and multiple-output)は本質的に等価なものであるということは送受信アンテナに等間隔円形アレーアンテナ(UCA)を用いたモデルで検討されている。本稿ではOAMモードにおける回転位相がMIMO固有モードのアレー励振・重み係数から得られることを数値シミュレーションで示した。UCAにおけるMIMO伝送で検討した場合、OAMの回転位相に対応する高次のモードのアレーファクタは正面がヌルになっているので距離が離れるほど性能が下がることが示された。MIMOまたはOAMは近傍界領域では性能が良好であることが示された。 
(英) It had been shown that array weight vectors using uniform circular arrays (UCAs) in multiple-input multiple-output (MIMO) can generate helical phase distribution used in orbital angular momentum (OAM) communication system. In this study, the OAM multiplexing characteristic was investigated by means of eigenvalues of the MIMO channels. It was also found that the OAM is not effective as the distance between transmitting and receiving antennas increases because the radiation pattern along the direction of propagation is null with helical phase front. It was found that MIMO and/or OAM performance improve in near-field region.
キーワード (和) OAM / MIMO / 等間隔円形アレーアンテナ / 固有モード / 等価性 / / /  
(英) OAM / MIMO / Uniform Circular Array / Eigenmode / Equivalence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 291, MW2017-111, pp. 1-4, 2017年11月.
資料番号 MW2017-111 
発行日 2017-11-02 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-11-09 - 2017-11-10 
開催地(和) 宮古島マリンターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Marin Terminal Bldg. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2つの等間隔円形アレーアンテナのMIMO固有モード伝送とOAM伝送の類似性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Similarity of MIMO Eigenmode Transmission in Two Uniform Circular Arrays and OAM Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OAM / OAM  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) 等間隔円形アレーアンテナ / Uniform Circular Array  
キーワード(4)(和/英) 固有モード / Eigenmode  
キーワード(5)(和/英) 等価性 / Equivalence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 拓一 / Takuichi Hirano / ヒラノ タクイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 10:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-111 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会