電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 10:15
CBCPW線路におけるビアホールとグランド欠損構造を用いた高次モード抑圧技術
垣内英志西川健二郎鹿児島大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本論文では高周波集積回路に用いられるCBCPW線路において発生する高次モードを抑制するために、表裏グランド間に複数のビアホールを配置した場合と表面グランドの一部を欠損させる場合について,それらの抑圧効果の解析を行った。シミュレーションによる解析結果から,ビアホールを用いた場合,ビアホールのピッチ間隔は1/3波長以下、ビアホールの信号線からの有効な距離は1/4波長以下で高次モードが伝送に与える損失を抑圧できることを明らかにした。また、グランド欠損構造を用いた場合、高次モードの発生は1.7GHzから4.6GHzまでシフトし使用できる帯域を増やせることを明らかにした。 
(英) This paper investigated the suppression of high-order mode transmission on CBCPW line by using via-holes and defected ground structure. It was confirmed by simulation that the via-to-via pitch is one third wavelength, effective distance from the signal line of via hole is one quarter wavelength, defected ground structure can shift the generation of higher order mode from 1.7 GHz to 4.6 GHz .
キーワード (和) CBCPW線路 / 高次モード / ビアホール / グランド欠損構造 / / / /  
(英) Conductor backed Coplanar waveguide / High-order Mode Transmission / Via-hole / Defected ground structure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 291, MW2017-112, pp. 5-8, 2017年11月.
資料番号 MW2017-112 
発行日 2017-11-02 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-11-09 - 2017-11-10 
開催地(和) 宮古島マリンターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Marin Terminal Bldg. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CBCPW線路におけるビアホールとグランド欠損構造を用いた高次モード抑圧技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-order Mode Transmission Suppression Technique using Via hole and Defected Ground Structure in CBCPW line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CBCPW線路 / Conductor backed Coplanar waveguide  
キーワード(2)(和/英) 高次モード / High-order Mode Transmission  
キーワード(3)(和/英) ビアホール / Via-hole  
キーワード(4)(和/英) グランド欠損構造 / Defected ground structure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 垣内 英志 / Kakiuchi Hideshi / カキウチ ヒデシ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 健二郎 / Nishikawa Kenjiro / ニシカワ ケンジロウ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 10:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-112 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会