電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 13:00
[ポスター講演]音楽音響信号解析のためのガンマ過程に基づく無限相関テンソル分解
吉井和佳京大/理研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,モノラル音響信号の音源分離を例に,任意のテンソルデータに対して,全ての要素間の相関を考慮しながら低ランク近似を行うことができる相関テンソル分解 (CTF) を提案する.非負値制約付きの低ランク近似技法は,非負値行列分解 (NMF),非負値テンソル分解 (NTF),半正定値テンソル分解 (PSDTF) と発展してきており,CTFはこの系統における究極形である.音源分離においては,従来,NMFを用いて,混合音の各時刻におけるパワースペクトル(非負ベクトル)を,少数の基底スペクトル(非負ベクトル)の線形和で近似するのが一般的であった.近年,位相情報の重要性が認識され,PSDTFを用いて,複素スペクトルを構成する周波数ビン間の共分散行列を,基底共分散行列の線形和で近似する方法が提案されている.一方,CTFでは,複素スペクトログラムを構成するすべての時間周波数ビン間の共分散行列を,周波数方向の共分散行列と時間方向の共分散行列とのクロネッカー積の和で近似する.その結果,すべての時間周波数ビン間の相関を考慮したウィナーフィルタを用いて,位相の整合性を考慮しつつ,音源信号の複素スペクトログラムを一挙に推定することが可能となる.CTFでは,EMアルゴリズムあるいは補助関数法を用いた最尤推定や,ガンマ過程に基づく基底数の無限化が可能であることを示す. 
(英)
キーワード (和) 音楽音響信号解析 / 非負値行列分解 / テンソル分解 / 音源分離 / ノンパラメトリックベイズ / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 293, IBISML2017-35, pp. 1-8, 2017年11月.
資料番号 IBISML2017-35 
発行日 2017-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 東京大学 
開催地(英) Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2017) 
テーマ(英) Information-Based Induction Science Workshop (IBIS2017) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2017-11-IBISML 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 音楽音響信号解析のためのガンマ過程に基づく無限相関テンソル分解 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽音響信号解析 /  
キーワード(2)(和/英) 非負値行列分解 /  
キーワード(3)(和/英) テンソル分解 /  
キーワード(4)(和/英) 音源分離 /  
キーワード(5)(和/英) ノンパラメトリックベイズ /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉井 和佳 / / ヨシイ カズヨシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学/理化学研究所 (略称: 京大/理研)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 13:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2017-35 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.293 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会