電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 13:50
[依頼講演]マルチユーザMIMOにおけるブロック最大SNR法の擬似雑音適応化による改善
米津宏亮菊間信良榊原久二男名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数のユーザと基地局が同時に通信できるマルチユーザMIMO (Multi-User Multiple Input Multiple Output: MU-MIMO) が基幹技術として検討されている.MU-MIMO 通信の下り回線を実現する手法としては,すでにブロック対角化 (Block Diagonalization: BD) 法が提案されている.この手法は,ユーザ間の干渉を除去するように送信ウエイトを決定している.一方,著者等は,干渉除去に加えて,自ユーザ信号の利得向上を図り送信ウエイトを決定するブロック最大SNR (Block Maximum Signal-to-Noise ratio: BMSN) 法を提案し,その特性について詳細検討が行ってきた.本報告では,更なるBMSN 法の特性改善を図るため,BMSN 法における擬似雑音をSNRに応じて適応的に与える手法を考案した.計算機シミュレーションによる比較検討の結果,提案手法がBER特性などの諸評価において十分な改善効果を示すことを確認した. 
(英) MU-MIMO (Multi-User Multiple Input Multiple Output) has been considered as a fundamental technology for simultaneous communications between a base station and multiple users. As a method of implementing MU-MIMO downlink, Block Diagonalization (BD) was proposed in which the transmission weights are determined to cancel interference between multiple user terminals. On the other hand, authors proposed the Block Maximum Signal-to-Noise ratio (BMSN) which determines the transmission weights to enhance the gain for each user terminal in addition to the interference cancellation, followed by detailed performance investigation. In this paper, to enhance further the BMSN performance, we propose the BMSN algorithm in which the pseudo-noise is determined adaptively according to SNR. As a result of performance comparison through computer simulation, it is confirmed that the proposed algorithm shows the significantly improved performance in several measures for evaluation including BER.
キーワード (和) MU-MIMO / BD法 / BMSN法 / 擬似雑音の適応化 / / / /  
(英) MU-MIMO / BD algorithm / BMSN algorithm / Adaptation of pseudo-noise / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 283, AP2017-127, pp. 103-108, 2017年11月.
資料番号 AP2017-127 
発行日 2017-11-01 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMOにおけるブロック最大SNR法の擬似雑音適応化による改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Block Maximum SNR Algorithm by Adapted Pseudo-Noise in Multi-User MIMO Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MU-MIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) BD法 / BD algorithm  
キーワード(3)(和/英) BMSN法 / BMSN algorithm  
キーワード(4)(和/英) 擬似雑音の適応化 / Adaptation of pseudo-noise  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米津 宏亮 / Kosuke Yonezu / ヨネヅ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-127,IEICE-RCS2017-232 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283(AP), no.284(RCS) 
ページ範囲 pp.103-108(AP), pp.159-164(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01,IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会