電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 10:40
開ループ型,閉ループ型アクティブロードプルシステムの基礎検討
川辺健太朗西尾 岳石崎俊雄龍谷大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) マイクロ波増幅器の高効率化を実現できる効率的な設計法の確立が求められている。現在の設計法は、非線形領域動作で基本波、高調波に対する最適負荷インピーダンスをロードプルにより見つける手法が主流である。ロードプルに用いるインピーダンスチューナは主にパッシブ型であり、反射を起こすプローブ位置を変更することで反射係数と位相の制御を行っている。しかし、パッシブ型は損失が大きい為、インピーダンスのチューニングレンジが狭い。また、設計周波数にチューナのサイズが依存する為、大型化する等の問題がある。そこで、これらの打開が可能なアクティブロードプルシステムが注目を集めている。DUTに対して擬似的な反射波を形成して注入する、即ち、アクティブロードを接続することで基本波、高調波の負荷インピーダンスを電気的に制御してスミスチャート全域をカバーできる。本稿では、開ループ型、閉ループ型のアクティブロードプルシステムについて、シミュレーションと実験で比較検討し、両方式のメリット・デメリットを調べる。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 電力増幅器 / ロードプル / アクティブロードプル / 開ループ / 閉ループ / / /  
(英) Power Amplifier / Load-Pull / Active-Load-Pull / Open Loop / Closed Loop / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 291, MW2017-113, pp. 9-13, 2017年11月.
資料番号 MW2017-113 
発行日 2017-11-02 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-11-09 - 2017-11-10 
開催地(和) 宮古島マリンターミナルビル 
開催地(英) Miyakojima Marin Terminal Bldg. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-11-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 開ループ型,閉ループ型アクティブロードプルシステムの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic study on Open- and Closed-Loop Active Load-Pull System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力増幅器 / Power Amplifier  
キーワード(2)(和/英) ロードプル / Load-Pull  
キーワード(3)(和/英) アクティブロードプル / Active-Load-Pull  
キーワード(4)(和/英) 開ループ / Open Loop  
キーワード(5)(和/英) 閉ループ / Closed Loop  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川辺 健太朗 / Kentaro Kawabe / カワベ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 岳 / Gaku Nishio / ニシオ ガク
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊雄 / Toshio Ishizaki /
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 10:40:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-113 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.9-13 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2017-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会