電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-09 15:50
[依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
内田大輔依田大輝秋田耕司旦代智哉東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,無線バックホールへ見通し内MIMO (LOS-MIMO) 伝送を適用した場合に焦点を当てる.アレーを垂直に配置した際,地上からのアレー高によっては,直交性の条件を一部緩和して素子間隔を設定することにより,空間相関が低減されブロック誤り率が改善することを示す. 
(英) Many research institutions have paid attention to the 5th generation
mobile radio communication systems (5G). The expectations for wireless backhaul become higher. This paper focuses on the wireless backhaul with Line-Of-Sight Multiple-Input Multiple-Output (LOS-MIMO) transmissions. This paper shows that when the arrays are arranged vertically to the ground, it is better to set the inter-element spacing by relaxing orthogonal conditions of paths. We reveal the reduction of the spatial correlation and the enhancement of the block error rate (BLER).
キーワード (和) 5G / バックホール / 固定通信 / 高速 / 長距離 / 見通し内MIMO / 空間相関 /  
(英) 5G / backhaul / fixed wireless communication / high speed / long distance / Line-Of-Sight MIMO / spatial correlation /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 283, AP2017-131, pp. 125-130, 2017年11月.
資料番号 AP2017-131 
発行日 2017-11-01 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on an Antenna Arrangement of Line-Of-Sight MIMO Communications for 5G Backhaul Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) バックホール / backhaul  
キーワード(3)(和/英) 固定通信 / fixed wireless communication  
キーワード(4)(和/英) 高速 / high speed  
キーワード(5)(和/英) 長距離 / long distance  
キーワード(6)(和/英) 見通し内MIMO / Line-Of-Sight MIMO  
キーワード(7)(和/英) 空間相関 / spatial correlation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 大輔 / Daisuke Uchida / ウチダ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 依田 大輝 / Daiki Yoda / ヨダ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 耕司 / Koji Akita / アキタ コウジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 旦代 智哉 / Tomoya Tandai / タンダイ トモヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-09 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-131,IEICE-RCS2017-236 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283(AP), no.284(RCS) 
ページ範囲 pp.125-130(AP), pp.181-186(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01,IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会