電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-08 16:45
カオス符号化を用いた大規模MIMOにおけるBelief Propagation法による復号化の特性評価
迫田和之都城高専/鹿児島大)・秦 浩起秦 重史鹿児島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 送受信アンテナを複数用いて通信を行うMIMO(Multiple Input Multiple Output)通信において,伝送効率を向上させる簡易な方法として送受信アンテナ数の増加が挙げられる.送受信アンテナ数を数十~数百本程度まで増加させたMIMOを大規模MIMOと呼び,伝送効率の大幅な向上が期待される.
本研究では,大規模MIMOに情報の秘匿性を付加させるためにカオス符号化を導入し,この枠組みにおける復号問題を扱う.現実的な計算量での復号を可能とするBP(Belief-Propagation)法を用いて復号化を行い,その特性を評価する.数値実験の結果,カオス符号を適用した手法ではカオス符号を適用しない場合に比べ誤り率が高くなる傾向が見れらた. 
(英) The easiest way to improve transmission efficiency for MIMO(Multiple Input Multiple Output) that is a communication system with some transmitting and receiving anntenas is increasing the number of transmitting and receiving anntenas. Those systems by using about 10 to 100 antennas are called massive MIMO, we expect that it improves transmission efficiency drastically. In this paper, we study the decoding problem in massive MIMO that adapted chaos modulated in ordar to obtain security. We evaluate performance of BP(Belief-Propagation) method which enables to decode in a realistic computational time.
We have found that tends to be high BER(Bit Error Ratio) when chaos-modulated signals are introduced.
キーワード (和) 大規模MIMO / カオス符号化 / Belief-Propagation / / / / /  
(英) massive MIMO / chaos modulated signals / Belief-Propagation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-222, pp. 99-103, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-222 
発行日 2017-11-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス符号化を用いた大規模MIMOにおけるBelief Propagation法による復号化の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Belief-Propagation Decoding of Chaos-Modulated Signals in Massive MIMO Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模MIMO / massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) カオス符号化 / chaos modulated signals  
キーワード(3)(和/英) Belief-Propagation / Belief-Propagation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 迫田 和之 / Kazuyuki Sakoda / サコダ カズユキ
第1著者 所属(和/英) 都城工業高等専門学校/鹿児島大学 (略称: 都城高専/鹿児島大)
National Institute of Technology, Miyakonojo College/Kagoshima University (略称: NIT, Miyakonojo College/Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秦 浩起 / Hiroki Hata / ハタ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秦 重史 / Shigefumi Hata /
第3著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-08 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-222 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.99-103 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会