電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-08 09:00
ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく周波数ブロック毎適応送信ON/OFF制御法
氏家 彪樋口健一東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,小型低出力のピコ基地局をマクロセル内にオーバレイ配置するヘテロジーニアスネットワークにおいて,筆者らが先に提案したシステムスループット観測値に基づく各ピコ基地局のオンラインON/OFF制御法について,ピコ基地局のシステム帯域幅を複数の周波数ブロックに分割したうえで周波数ブロック毎にON/OFF制御する拡張構成を提案する.先に報告したON/OFF制御法では,基地局間の情報交換で共有されたネットワークレベルでのシステムスループット値の時間変動とその間の各ピコ基地局のON/OFF状態の遷移結果に基づいて,各ピコ基地局は時々刻々と独立に確率的なON/OFF制御を繰り返し行う.本手法を周波数ブロック毎の制御に拡張することによりON/OFF制御の粒度が向上するため,得られるシステムスループットを増大することができる.ただし,各基地局のON/OFF状態数が増大することによりON/OFF制御アルゴリズムの収束時間が増大する懸念がある.そこで,先に報告した確率的ON/OFF制御を各周波数ブロックで独立に適用する方法に加え,複数周波数ブロックにまたがって送信ONとする周波数ブロック数を制御する方法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案法が,従来のシステム帯域幅全体を一括してON/OFF制御する場合に比較して,アルゴリズムの収束に要する時間をほぼ同一に維持したうえで,収束後のシステムスループットを増大できることを示す. 
(英) In this paper, we extend our previously reported online probabilistic activation/deactivation control of pico-base stations (BSs) in heterogeneous networks in order to accommodate the case where the overall system bandwidth of pico BSs is divided into multiple frequency blocks and the activation/deactivation control is conducted per-frequency block basis. By deactivating the signal transmission of unnecessary pico-BSs, the inter-cell interference is reduced resulting in an increase in system throughput. In the previously reported activation/deactivation control, activation/deactivation of each pico BS is stochastically adaptively controlled based on observed values of system throughput and activation/deactivation state at each time. By using the proposed frequency block-dependent online probabilistic activation control, the granularity of the activation/deactivation control is enhanced and higher system throughput is obtained. However, the higher granularity in the activation/deactivation control may result in the longer convergence time. To address the problem, we propose a method in which the number of activated frequency blocks is controlled in probabilistic manner in addition to the control in activation probability of each frequency block. Computer simulation results show that the proposed method increases the system throughput after the algorithm converges, while the convergence time is quite comparable to the case where the entire system bandwidth is activated or deactivated simultaneously.
キーワード (和) ヘテロジーニアスネットワーク / 確率的ON/OFF制御 / 送信電力制御 / / / / /  
(英) Heterogeneous networks / probabilistic activation control / transmission power control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-204, pp. 1-6, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-204 
発行日 2017-11-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘテロジーニアスネットワークにおけるシステムスループット観測値に基づく周波数ブロック毎適応送信ON/OFF制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Frequency Block-Dependent Online Probabilistic Activation Control of Base Stations Based on Observed System Throughput in Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘテロジーニアスネットワーク / Heterogeneous networks  
キーワード(2)(和/英) 確率的ON/OFF制御 / probabilistic activation control  
キーワード(3)(和/英) 送信電力制御 / transmission power control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 氏家 彪 / Akira Ujiie / ウジイエ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-08 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-204 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会