電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-08 16:45
5Gスモールセル基地局向け無線エントランスの超低遅延ARQの提案
太田 厚黒崎 聰後藤和人今泉 豊北 直樹NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信(5G)に向けて,ユーザの密集するエリアのトラヒックをMassive MIMO技術を用いてオフロードするスモールセル構成技術の検討が盛んに進められている.著者らは,人の密集するストリートに密に高SHF帯のスモールセル基地局(SBS)を配置することを想定し,SBSの速やかなエリア展開を容易にするエントランス回線の無線化の検討を進めている.エントランス回線としてはバックホール及びフロントホール回線が想定されるが,5Gに求められる低遅延と,光回線に匹敵する符号誤り率の両立が求められる.例えばビル壁面への設置を想定すれば,中継局(RS)の設置容易性を考慮して小型のアンテナで適応的な指向性制御が可能なシステムが求められる.ここでは大型のパラボラアンテナを用いた中継伝送とは異なり,ビル壁面の反射波などの影響を受けて周波数選択性の歪も予想され,1局当たり10Gbit/s以上の高伝送効率を確保するためには,無線回線の誤り率はエラーフロアを引くことが予想される. この様な符号誤り率の無線回線を光回線相当の品質に改善するためには,再送制御の適用が好ましいが,5Gの遅延時間に関する最も厳しい要求条件が1msであることを考慮すれば,エントランス区間に要求される遅延要求値も100~150μs程度が想定される.本稿では,この様な低遅延を実現可能な新たな再送制御方式を提案し,解析的手法及びシミュレーションにより,その基本特性について評価した結果を報告する. 
(英) Toward 5th generation mobile communications system, various researches for small cells with massive MIMO, which are effective for off-loading the heavy mobile traffic around crowded places to networks from macro cell systems, have been studied. Because the small cell base stations (SBSs) with high-SHF bands will be allocated on walls of buildings, it is expected that the wireless entrance systems for the SBSs can accelerate its prompt service development due to its installation flexibility. In 5G, both very low latency and BER performance are required as well as high speed communication ability. In case of installation of SBS to a signboard on a wall, the size of the SBS itself and its antenna system should be as small as possible. The situation is different from the cases with large parabolic antenna, therefore the effects of reflected waves in the street canyon will not be negligible small and it usually degrades its BER performance and cause high level error floor on high speed wireless communication over 10 Gbit/s. In order to overcome the problem, introducing automatic repeat request (ARQ) schemes is reasonable approach, however, the ARQ improves BER performance at the sacrifice of transmission delay performance. Because of strict delay requirement for 5G, the target delay time for the wireless entrance systems is expected to be quite low around 100-150s. In this paper, we propose a new ARQ scheme with very low latency and report its basic characteristics with computer simulations and analytic approach.
キーワード (和) 5G / スモールセル / ミリ波 / 無線エントランス / 再送制御 / 低遅延 / フロントホール /  
(英) 5G / Small Cell / Millimeter Wave / Wireless Entrance / ARQ / Low Latency / Mobile Fronthaul /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-218, pp. 75-80, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-218 
発行日 2017-11-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5Gスモールセル基地局向け無線エントランスの超低遅延ARQの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low latency ARQ scheme for Wireless entrance systems for 5G small cell base stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) スモールセル / Small Cell  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / Millimeter Wave  
キーワード(4)(和/英) 無線エントランス / Wireless Entrance  
キーワード(5)(和/英) 再送制御 / ARQ  
キーワード(6)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(7)(和/英) フロントホール / Mobile Fronthaul  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 厚 / Atsushi Ohta / オオタ アツシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒崎 聰 / Satoshi Kurosaki / クロサキ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 和人 / Kazuto Goto / ゴトウ カズト
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今泉 豊 / Yutaka Imaizumi / イマイズミ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 直樹 / Naoki Kita / キタ ナオキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-08 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-218 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会