電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-08 10:50
OFDM伝送のためのチャネル及び干渉電力結合最大事後確率推定におけるチャネル共分散推定誤差の影響
工藤雅大大槻知明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数利用効率を向上させる技術として,マルチキャリア重畳伝送が注目されている.
同手法では複数の送信信号の周波数帯域の一部を重ね合わせることで利用帯域を狭められるが,周波数帯域を共有する別の無線システムの干渉を受ける.
干渉の影響を低減する手段として誤り訂正符号が有効だが,干渉信号情報(電力,位置)が必要である.
我々は,チャネル及び干渉電力の結合最大事後確率推定法を提案している.
この方法は,優れた推定精度を達成するが,推定の際,チャネル共分散が必要であり,従来は既知情報と仮定していた.
本稿では,チャネル及び干渉信号電力の結合最大事後確率推定法におけるチャネル共分散の推定誤差の影響を評価する.
チャネル共分散の推定では,チャネルの推定値をもとに理論式に基づき導出する.
3つの推定値(チャネル,干渉信号電力,チャネル共分散)を導出する際,推定式は陰関数であるため,繰り返し推定し,精度を向上させる.
計算機シミュレーションにより,チャネル,干渉信号電力の推定精度に与える影響を既知の場合と比較する. 
(英) Superposed multicarrier transmission has been proposed as a technique to improve frequency utilization efficiency.
In this scheme, it is possible to narrow the total required bandwidth by sharing a part of the frequency band of each communication signal.
However, since it is affected by interference from the communication signal sharing the same frequency bands, its performance deteriorates.
To reduce the influence of interference, an error correction code is effective, but it is necessary to get information about interference signal (power, position).
We propose the scheme using the joint maximum a posteriori estimation of channel and interference power.
Although the scheme achieves excellent estimation accuracy, channel covariance is necessary for estimation.
Conventionally, we assumed that channel covariance is the known information.
In this paper, we evaluate the influence of the channel covariance estimation error with using the scheme which is the joint maximum a posteriori estimation of channel and interference signal power.
In the estimation of the channel covariance, we derive from using the theoretical formula based on the estimated value of the channel.
When we derive three estimation values (channel, interference signal power, channel covariance), the equation to estimate them is an implicit function.
So we estimate iteratively and improve accuracy.
Through computer simulation, we compare the effect on channel and interference signal power estimation accuracy with known case.
キーワード (和) OFDM / LLR / MAP / チャネル推定 / 共分散 / 干渉信号電力推定 / /  
(英) OFDM / LLR / MAP / channel estimation / covariance / interference signal power estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-208, pp. 23-28, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-208 
発行日 2017-11-01 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM伝送のためのチャネル及び干渉電力結合最大事後確率推定におけるチャネル共分散推定誤差の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of Channel Covariance Estimation Error on Joint Maximum A Posteriori Estimation of Channel and Interference Power for OFDM Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) LLR / LLR  
キーワード(3)(和/英) MAP / MAP  
キーワード(4)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(5)(和/英) 共分散 / covariance  
キーワード(6)(和/英) 干渉信号電力推定 / interference signal power estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 雅大 / Masahiro Kudo / クドウ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-08 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-208 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.284 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会