電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-08 13:30
[依頼講演]Massive MIMOシステムの実用化に向けて ~ Ericsson社の取り組み ~
村井英志伊藤昌嗣エリクソン・ジャパン)・アルネ シモンソンピーター オクヴィストエリクソンリサーチ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 3GPP準拠5Gシステムの西暦2020年の商用化を目指し、5Gシステムの標準化、研究開発が世界中で盛んに行われている。なかでも、Massive MIMOは、狭いビームを形成することにより、高い周波数帯において顕著な伝搬損失を補償することが可能であり、またマルチユーザMIMOとして知られている空間多重も可能である。従ってMassive MIMOは10GHzを超える高い周波数帯では必須の技術、6GHz以下の低い周波数帯でも有用な技術として高く注目されている。エリクソンは5Gの無線伝送実証試験を、スウェーデンではKista(Stockholm)で、また、世界各地において通信事業者と共同で、15GHz帯または28GHz帯の周波数を用いて、Massive アンテナによるビームフォーミング、マルチユーザMIMO、分散MIMO等のコンセプト検証を積極的に行って来ている。本稿ではこれまで行ってきたMassive MIMOに関連したトライアル結果について、カバレッジ、ビームトラッキング、マルチポイント伝送、分散MIMOの性能等について紹介する。更に、エリクソン社では5Gの実証試験に加えて、5G Plug-inと呼ばれる既存LTEシステムに5Gのコンセプトを導入するロードマップを有している。その中にはMassive-MIMO、マルチユーザMIMOが含まれ、商用製品が2017年中に導入される予定である。本講演ではエリクソン社のMassive MIMOシステムの実用化に向けたEricsson社の取り組みの概要を紹介する。 
(英) Standardization and/or R&D for 5G system is very active around the world targeting to start 3GPP compliant commercial service in the year 2020. Massive MIMO is a technology to create narrow beam(s). Then it can compensate propagation loss significantly experienced at higher frequency band and provide spatial multiplexing as known as multi-user MIMO. Therefore, Massive MIMO has gotten high attention as a critical technology for higher frequency band beyond 10GHz and very useful technology also for lower frequency band below 6GHz. Ericsson is actively performing 5G trials in Sweden, and in other countries with operators as respective joint trials using 15GHz and/or 28GHz frequency for PoC of beamforming, multi-user MIMO, distributed MIMO etc. This paper introduces some trial results obtained so far relevant with Massive MIMO from perspective of coverage, beam tracking, multipoint transmission and distributed MIMO performance. In addition to 5G trial, Ericsson has a road map called 5G Plug-in to introduce 5G concept into existing LTE system. In this presentation, we will introduce Ericsson’s activities on Massive MIMO system towards practical realization.
キーワード (和) 5G / Radio Access / Massive MIMO / Multi-User MIMO / 実用化 / 5G Plug-in / /  
(英) 5G / Raidio Access / Massive MIMO / Multi-User MIMO / Practical Realization / 5G Plug-in / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 284, RCS2017-211, pp. 41-44, 2017年11月.
資料番号 RCS2017-211 
発行日 2017-11-01 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP RCS  
開催期間 2017-11-08 - 2017-11-10 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, Equalization, Interference Canceler, MIMO, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-11-AP-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Massive MIMOシステムの実用化に向けて 
サブタイトル(和) Ericsson社の取り組み 
タイトル(英) Massive MIMO System towards Practical Use 
サブタイトル(英) Activities by Ericsson 
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) Radio Access / Raidio Access  
キーワード(3)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) Multi-User MIMO / Multi-User MIMO  
キーワード(5)(和/英) 実用化 / Practical Realization  
キーワード(6)(和/英) 5G Plug-in / 5G Plug-in  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 英志 / Hideshi Murai / ムライ ヒデシ
第1著者 所属(和/英) エリクソン・ジャパン株式会社 (略称: エリクソン・ジャパン)
Ericsson Japan (略称: Ericsson Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 昌嗣 / Shoji Itoh / イトウ ショウジ
第2著者 所属(和/英) エリクソン・ジャパン株式会社 (略称: エリクソン・ジャパン)
Ericsson Japan (略称: Ericsson Japan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) アルネ シモンソン / Arne Simonsson / アルネ シモンソン
第3著者 所属(和/英) エリクソン リサーチ (略称: エリクソンリサーチ)
Ericsson Research (略称: Ericsson Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ピーター オクヴィスト / Okvist Peter / ピーター オクヴィスト
第4著者 所属(和/英) エリクソン リサーチ (略称: エリクソンリサーチ)
Ericsson Research (略称: Ericsson Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-08 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-AP2017-114,IEICE-RCS2017-211 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.283(AP), no.284(RCS) 
ページ範囲 pp.37-40(AP), pp.41-44(RCS) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-11-01,IEICE-RCS-2017-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会