電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-06 11:15
ブレインモルフィックコンピューティングパラダイムの創成に向けて
堀尾喜彦東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,大規模な脳型コンピュータハードウェアを実現しようとする研究が世界的に広がっているが,いずれもこれまでの神経回路モデルを最新の半導体技術で実装するに留まっており,非ノイマン型計算機により人間の脳に迫るためのブレークスルーには程遠い.本稿では,現状の脳型コンピュータ開発の問題点を克服するため,最新の脳科学の知見を取り入れ,さらに物理「プロセス」による情報処理を行う「ブレインモルフィックコンピューティング」パラダイムを提案する.特に,意識や自己等の高次脳機能を実現するためには,複雑性と統一性を同時に実現することや,身体性等を考慮して,脳のアーキテクチャを解明し応用することが肝要であると考えらえる. 
(英) There have been worldwide attempts to realize an elaborated large-scale brain-inspired computer hardware system. However, these brain-inspired hardware only realize ordinary neuron and neural network models through advanced semiconductor device and circuit technologies; they do not really approach the brain using a non von Neumann or brain architecture. In order to solve current problems in realizing brain-inspired computing systems, this paper proposes a novel “Brainmorphic Computing” paradigm, which is based on recent results from brain science. The hardware based on this framework processes information through physical processes. In addition, for higher-order brain functions such as consciousness and self, complexity and unity (integration) should be embedded simultaneously. Furthermore, embodiment is also important factor for this paradigm. Through this constructive approach with the brainmorphic computing hardware, we aim at deciphering the brain architecture.
キーワード (和) ブレインモルフィックシステム / 脳型コンピュータハードウェア / / / / / /  
(英) Brainmorphic computing / brain computing architecture / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 272, NLP2017-78, pp. 75-77, 2017年11月.
資料番号 NLP2017-78 
発行日 2017-10-29 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-11-05 - 2017-11-06 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication Tohoku University 
テーマ(和) 非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究,一般 
テーマ(英) Applications of nonlinear complex systems theory to existing nonlinear complex real-systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブレインモルフィックコンピューティングパラダイムの創成に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward the Brainmorphic Computing Pardigm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブレインモルフィックシステム / Brainmorphic computing  
キーワード(2)(和/英) 脳型コンピュータハードウェア / brain computing architecture  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 喜彦 / Yoshihiko Horio / ホリオ ヨシヒコ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-06 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-78 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.272 
ページ範囲 pp.75-77 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-NLP-2017-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会