電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-05 16:35
媒介中心性と送信履歴情報を用いた経路制御手法
森田雄貴木村貴幸日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 組合せ最適化問題は静的な組合せ最適化問題と動的な組合せ最適化問題の二つに分類される.巡回セール スマン問題に代表される静的な組合せ最適化問題の場合,解の探索空間は固定される.従って,時間と共に最適解は 変化しない.一方,パケットルーティング問題に代表される動的な組合せ最適化問題では,探索空間が時間と共に常 に変化する.従って,パケットルーティング問題では,ネットワーク内のパケットの分布に応じて,最適解が時々刻々と変化する.パケットルーティング問題は,パケットの最適な送信経路を見つけ,多くのパケットを宛先へと到着さ せることが目的となる.この問題に対する一手法として,本稿では,ネットワークにおける中心性指標の一つである 媒介中心性と,パケットの送信履歴情報を用いた新たな経路制御手法を提案した.数値実験から,コンピュータネットワークにおける経路制御手法として一般的に採用されている最短ホップ法と比較して,提案手法は多くのパケットを宛先へと到着させることを確認した. 
(英) The combinatorial optimization problem is classified into two types: a static combinatorial optimization problem and a dynamic combinatorial optimization problem. In the case of the static combinatorial optimization problem represented by the traveling salesman problem, searching space for solutions is stationary. Therefore, an optimal solution does not change with time. On the other hand, in the dynamic combinatorial optimization problem represented by the packet routing problem, its searching space always changes with time. Thus, an optimum solution always change depending on the states of networks. An objective of the packet routing problem is to transmit many packets to their destinations without removal of the packets. In this report, we propose a new routing method using node betweenness centrality, which is one of centrality indicators of the networks, and transmission history of the packets. Numerical experiments, show that the proposed method transmits many packets to their destinations compared with the shortest hop method that is generally adopted as a routing method in the real computer
networks.
キーワード (和) 経路制御 / 複雑ネットワーク / 組合せ最適化 / / / / /  
(英) Packet routing problem / Complex network / Combinatorial optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 272, NLP2017-72, pp. 41-46, 2017年11月.
資料番号 NLP2017-72 
発行日 2017-10-29 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-11-05 - 2017-11-06 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication Tohoku University 
テーマ(和) 非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究,一般 
テーマ(英) Applications of nonlinear complex systems theory to existing nonlinear complex real-systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 媒介中心性と送信履歴情報を用いた経路制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A routing method using transmission history information and betweenness centrality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経路制御 / Packet routing problem  
キーワード(2)(和/英) 複雑ネットワーク / Complex network  
キーワード(3)(和/英) 組合せ最適化 / Combinatorial optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 雄貴 / Yuuki Morita / モリタ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴幸 / Takayuki Kimura / キムラ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-05 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-72 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.272 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会