電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-05 15:55
外乱を考慮した可到達集合を用いたマイクログリッド内発電機挙動解析
朝山和香引原隆士京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 太陽光発電などの分散型電源を主な主要構成要素とするマイクログリッドは, 再生可能エネルギーの導入拡大や非常時における電力品質の向上など様々な観点から期待されている. このマイクログリッドの安全運用に向けた発電機の過渡解析手法として, 可到達集合の利用が考えられる. 本報告では, これまで電力系統のほか航空機の制御手法において検討されてきた自励系の可到達集合の算出をもとに, 新たに非自励系における可到達集合の算出法について検討する. 時間に陽に依存する周期的な外乱を含む発電機の動揺方程式に関して可到達集合を算出し, マイクログリッド内発電機の挙動解析を行う. 
(英) A microgrid is expected for expanding introduction of renewable energy and improving the power quality. Main components of a microgrid are distributed energy resources. Depending on the large scale power supply,a conventional electric power system has internal risk, like a massive black out. Also from the view of the global environmental problem, a microgrid is attracting a lot of attention. As a transient analysis method of gas-engine generators in a microgrid, use of reachable sets can be considered. A reachable set has been applied to a study on electric power system and air traffic management. We discuss a behavior of gas-engine generators under disturbance in micragrid as a nonautonomous system.
キーワード (和) 過渡解析 / 可到達集合 / マイクログリッド / 非自励系 / / / /  
(英) transient analysis / reachable set / microgrid / nonautonomous system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 272, NLP2017-71, pp. 35-40, 2017年11月.
資料番号 NLP2017-71 
発行日 2017-10-29 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-11-05 - 2017-11-06 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication Tohoku University 
テーマ(和) 非線形系・複雑系理論の実在非線形・複雑工学システムへの応用に関する研究,一般 
テーマ(英) Applications of nonlinear complex systems theory to existing nonlinear complex real-systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-11-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外乱を考慮した可到達集合を用いたマイクログリッド内発電機挙動解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Analysis on Gas-Engine Generators in Microgrid with Reachable Sets under Disturbance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 過渡解析 / transient analysis  
キーワード(2)(和/英) 可到達集合 / reachable set  
キーワード(3)(和/英) マイクログリッド / microgrid  
キーワード(4)(和/英) 非自励系 / nonautonomous system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝山 和香 / Nodoka Asayama / アサヤマ ノドカ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 引原 隆士 / Takashi Hikihara / ヒキハラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-05 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-71 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.272 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会