電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-27 10:20
位相共役ツイン波による光QAM伝送と偏波多重光APSK伝送の等価性に関する一検討
中尾俊貴カーリヤワサム インディパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ファイバ非線形効果による光ファイバ通信の伝送制限を克服する手段の一つに, 位相共役ツイン波を用いた歪み補償が提案されている. 本報告では, QAMフォーマットの位相共役ツイン波を偏波多重によって伝送する方式と, 偏波多重された2値位相APSK信号の等価性を示す. 偏波分散を考慮した伝送シミュレーションによって両者の伝送特性を比較したところ, 偏波分散の大きさに関わらずほぼ一致する結果が得られた. 両者のシステム上の相違は, 受信端適応フィルタで用いるトレーニングシンボルにあり, この相違によって, フィルタ係数の収束性にわずかな相違がみられた. 
(英) Distortion compensation using phase-conjugated twin waves has been proposed to overcome the transmission limit of optical fiber links due to fiber nonlinearity. In this paper, we show the equivalence of polarization-multiplexed binary phase APSK signals and polarization-multiplexed phase-conjugated twin waves in QAM format. Numerical simulations with consideration for polarization mode dispersion show very similar transmission characteristics in both methods, irrespective of the magnitude of polarization dispersion. The difference between the two transmission methods lies in training symbols used in adaptive filters of the receiver; simulation results show a slight difference in the quality of convergence.
キーワード (和) 光ファイバ通信 / コヒーレント光通信 / 位相共役波 / 非線形光学 / / / /  
(英) Optical fiber communication / Coherent optical communication / Phase conjugate wave / Nonlinear Optics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 263, OCS2017-49, pp. 67-71, 2017年10月.
資料番号 OCS2017-49 
発行日 2017-10-19 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS OPE LQE  
開催期間 2017-10-26 - 2017-10-27 
開催地(和) 桜の馬場城彩苑(熊本) 
開催地(英) Josaien, Sakuranobaba 
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2017-10-OCS-OPE-LQE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相共役ツイン波による光QAM伝送と偏波多重光APSK伝送の等価性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on equivalence between optical QAM transmission using phase-conjugated twin waves and polarization-multiplexed optical APSK transmission. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ通信 / Optical fiber communication  
キーワード(2)(和/英) コヒーレント光通信 / Coherent optical communication  
キーワード(3)(和/英) 位相共役波 / Phase conjugate wave  
キーワード(4)(和/英) 非線形光学 / Nonlinear Optics  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 俊貴 / Toshiki Nakao / ナカオ トシキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) カーリヤワサム インディパーラゲー アミラ サムパット / Kariyawasam Indipalage Amila Sampath / カーリヤワサム インディパーラゲー アミラ サムパット
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 譲治 / Joji Maeda / マエダ ジョウジ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-27 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2017-49,IEICE-OPE2017-81,IEICE-LQE2017-54 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.263(OCS), no.264(OPE), no.265(LQE) 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2017-10-19,IEICE-OPE-2017-10-19,IEICE-LQE-2017-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会