電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-22 10:10
アナログ-ディジタルハイブリッド型Massive MIMOの屋外実験評価
谷口諒太郎西森健太郎新潟大)・トラン ゴクハオ今井哲朗北尾光司郎NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) Massive MIMOは,基地局に多数のアンテナを配置し,その数をユーザ数よりも多くすることで,簡易な信号処理でサービスエリアの向上と干渉低減が実現可能となるため,近年次世代移動通信システムのキー技術として注目を集めている.
著者らはこれまで,理論上で得られるMassive MIMOの性能がどの程度実環境でも有効であるかを明らかにしてきた.
本報告では,演算量を削減しつつ,十分な干渉除去特性を得るために,アナログ部でMaximum Ratio Combining~(MRC)を適用し,それらの出力にディジタル部でZero Forcing~(ZF)を適用するアナログ-ディジタルハイブリッド制御法の性能を示す.
100素子アレーを有する基地局に対する上り回線において干渉端末数を増減させることで,
ハイブリッドビームフォーミングが有効に動作するサブアレー数と所望および干渉端末数の関係を明らかにする. 
(英) Massive MIMO transmission whose number of antennas is much larger than the number of user terminals, has been attracted much attention as one of key technologies in next-generation mobile communication system, because it enables improvement in service area and interference mitigation by simple signal processing.
The authors have clarified to what extent the theoretically obtained Massive MIMO performance is effective in real environments.
In this report, the performance of the analog-digital hybrid massive MIMO is shown to obtain sufficient interference cancellation characteristics while reducing the calculation amount.
By increasing or decreasing the number of interference terminals in uplink for a base station with 100element array, the relationship between the number of sub0arrays in which hybrid beam forming effectively operates and the interference number is clarified.
キーワード (和) Massive MIMO / 最大比合成 / Zero forcing / / / / /  
(英) Massive MIMO / Maximum ratio combining / Zero forcing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 215, AP2017-92, pp. 25-30, 2017年9月.
資料番号 AP2017-92 
発行日 2017-09-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2017-09-21 - 2017-09-22 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama University 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,測定技術,一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アナログ-ディジタルハイブリッド型Massive MIMOの屋外実験評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Outdoor Experiment Evaluation of Analog-Digital Hybrid Massive MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) 最大比合成 / Maximum ratio combining  
キーワード(3)(和/英) Zero forcing / Zero forcing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ゴクハオ / Ngochao Tran / トラン ゴクハオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Koshiro Kitao / キタオ コウシロウ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-22 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-92 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.215 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会