電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-21 14:50
準ミリ波帯フロントエンドICとモジュールの評価結果
加保貴奈山口 陽新井麻希芝 宏礼NTT)・鈴木恭宜佐藤 圭岡崎浩司楢橋祥一NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 第5 世代移動通信方式(5G)における高速伝送と大容量化に向け,準ミリ波帯域のアレーアンテナを用いたMassive MIMOやビームフォーミング技術の適用が検討されている.準ミリ波帯域は従来用いられているマイクロ波帯域に比べ電波の直進性が強いため基地局の小セル化が検討されており,設置性や経済性にすぐれる装置が望まれている.本稿ではビル壁面などへの基地局装置への適用を想定したアクセスポイントRF部の構成を検討し,部品点数の削減に向け小型・高集積化を図った0.15um GaAs 3 次元MMICによる送信および受信フロントエンドICおよびその RFモジュールの試作評価結果について述べる. 
(英) Application of Massive MIMO and beamforming technology using array antennas in the quasi-millimeter wave band is being studied for high-speed transmission and large capacity in the fifth generation mobile communication system (5 G). In the quasi-millimeter wave band, rectilinear propagation of radio waves is stronger than that of the conventionally used microwave frequency band. It requires the base station with small cover area, and excellent in installability and low cost. In this paper, we studied the configuration of the RF front end of the base station to building walls. We introduce front-end ICs using 0.15 um GaAs pHEMT three-dimensional MMIC aiming at miniaturization and high integration to reduce the number of parts. We also introduce front-end modules including the ICs and band-pass filters.
キーワード (和) 準ミリ波 / 第5 世代移動通信方式 / フロントエンドモジュール / GaAs3次元MMIC / / / /  
(英) Quasi-millimeter wave / fifth generation mobile communication system / front-end module / GaAs three-dimensional MMIC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 216, MW2017-70, pp. 11-15, 2017年9月.
資料番号 MW2017-70 
発行日 2017-09-14 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2017-09-21 - 2017-09-22 
開催地(和) 埼玉大学 
開催地(英) Saitama University 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,測定技術,一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準ミリ波帯フロントエンドICとモジュールの評価結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Quasi-Millimeter Wave Frontend ICs and Modules 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準ミリ波 / Quasi-millimeter wave  
キーワード(2)(和/英) 第5 世代移動通信方式 / fifth generation mobile communication system  
キーワード(3)(和/英) フロントエンドモジュール / front-end module  
キーワード(4)(和/英) GaAs3次元MMIC / GaAs three-dimensional MMIC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加保 貴奈 / Takana Kaho / カホ タカナ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 陽 / Yo Yamaguchi / ヤマグチ ヨウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 麻希 / Maki Arai / アライ マキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝 宏礼 / Hiroyuki Shiba / シバ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第5著者 所属(和/英) NTT ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 圭 / Kei Sato / サトウ ケイ
第6著者 所属(和/英) NTT ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 浩司 / Hiroshi Okazaki / オカザキ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) NTT ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第8著者 所属(和/英) NTT ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-21 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-70 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.216 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2017-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会