電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-04 15:20
Provably Secure Code-Based Signature Schemes via Fiat-Shamir Transform with Theoretical and Practical Analysis on Hash Encodings
Taiyo YamaguchiBagus SantosoUEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In this paper, we propose signature schemes constructed from code-based identification scheme proposed by Stern via Fiat-Shamir transform.

In Fiat-Shamir transform, the ``challenge'' part of the identification is substituted with the output of hash function. However, our observation reveals that the ``challenge'' part of Stern's identification scheme is taken from the set of ${0,1,2}$, while all standard hash functions, e.g., SHA-1, SHA-256, outputs a sequence of bits or values in ${0,1}$. We define two emph{explicit} different encodings of the hash function's outputs into the ``challenge'' part and based on them, we build two different constructions of signature schemes.

We discover that these encodings are not only giving impacts on the implementation cost in emph{practical} side, but also giving non-negligible amount of impacts on the security parameter for achieving provable security in emph{theoretical} side. As a rough illustration, letting $varepsilon$ denote the success probability of breaking emph{decisional} version of syndrome decoding problem and $r$ be the number of rounds required to guarantee the soundness of identification scheme, we show that one type of encoding gives a scheme with probability of successful signing half and adversary's success probability approximately upper bounded by $varepsilon+(2/3)^r$, while the other one gives a scheme with probability of successful signing one and adversary's success probability approximately upper bounded by $varepsilon+(3/4)^r$.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) syndrome decoding problem / signature scheme / identification scheme / Fiat-Shamir transform / hash function / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 202, ISEC2017-46, pp. 35-42, 2017年9月.
資料番号 ISEC2017-46 
発行日 2017-08-28 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2017-09-04 - 2017-09-04 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-09-ISEC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Provably Secure Code-Based Signature Schemes via Fiat-Shamir Transform with Theoretical and Practical Analysis on Hash Encodings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / syndrome decoding problem  
キーワード(2)(和/英) / signature scheme  
キーワード(3)(和/英) / identification scheme  
キーワード(4)(和/英) / Fiat-Shamir transform  
キーワード(5)(和/英) / hash function  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 太陽 / Taiyo Yamaguchi / ヤマグチ タイヨウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) バグス サントソ / Bagus Santoso / バグス サントソ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-04 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-46 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.202 
ページ範囲 pp.35-42 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2017-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会