電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-25 14:20
広帯域で反射波低減可能なメタ・サーフェスの設計法
永田 将堀 俊和藤元美俊福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数選択板(FSS : Frequency Selective Surface)と地板で構成されたメタ・サーフェスは電磁波の反射係数や反射位相を制御することができる人工表面である.反射位相が異なる複数のメタ・サーフェスを用いて反射波同士の相殺により反射波を低減する方法が検討されている.本報告では,広帯域で反射波低減が可能なメタ・サーフェスの設計法を明らかにする.広帯域で反射波低減を実現するためにパッチ型FSSを用いたメタ・サーフェスとループおよびパッチ型FSSを用いたメタ・サーフェスを配置した構成を提案している.提案構成の反射特性について解析した結果,反射振幅-10dB以下となる比帯域幅75.7%を得ることができ,従来構成の一つである完全電気導体(PEC : Perfect Electric Conductor)とパッチ型FSSを用いたメタ・サーフェスを配置した構成と比較して反射波低減の広帯域化を実現していることを示している. 
(英) A meta-surface composed of FSS (Frequency Selective Surface) and the ground plane is an artificial surface that can control a reflection coefficient and a reflection phase of electromagnetic waves. A method for reducing the reflected wave by using several types of meta-surfaces has been studied. This paper clarifies a design method of a meta-surface to realize broadband reflected wave reduction. The configuration of the meta-surface using a patch type FSS and the other using a loop and patch type FSS is proposed in order to realize broadband reflected wave reduction. As a result, 75.7% of a relative bandwidth within a reflection amplitude -10 dB or less is obtained by the proposed meta-surface. It is showed that the proposed configuration realizes the reflected wave reduction in broad frequency band more than the conventional configuration which composed of PEC (Perfect Electric Conductor) and the patch type FSS.
キーワード (和) メタ・サーフェス / 周波数選択板 / 反射波低減 / / / / /  
(英) Meta-surface / FSS / Reflected wave reduction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 181, AP2017-87, pp. 105-108, 2017年8月.
資料番号 AP2017-87 
発行日 2017-08-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-08-24 - 2017-08-25 
開催地(和) 函館工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hakodate College 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域で反射波低減可能なメタ・サーフェスの設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Method of Meta-surface for Broadband Reflected Wave Reduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メタ・サーフェス / Meta-surface  
キーワード(2)(和/英) 周波数選択板 / FSS  
キーワード(3)(和/英) 反射波低減 / Reflected wave reduction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 将 / Masaru Nagata / ナガタ マサル
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 俊和 / Toshikazu Hori / ホリ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤元 美俊 / Mitoshi Fujimoto / フジモト ミトシ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-25 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-87 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会