電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-25 10:20
半球状近傍界を用いた逆問題解析による大地上アンテナの遠方界推定
杉本義喜新井宏之横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アンテナ測定は一般に電波暗室内で行われ,測定により取得される特性は自由空間中におけるものと等価とみなされる.特に実際のアンテナ遠方界指向性は大地の影響により自由空間中における指向性とは異なるため,暗室内の測定により取得した自由空間中の指向性をもとにアンテナを大地上に置かれたものと仮定した指向性を推定する必要がある.本報告では自由空間中で取得したアンテナ上半球の近傍界を用いて,アンテナが大地上に置かれたものと仮定したときの遠方界推定法を提案している.自由空間中の半球状近傍界に対して逆問題解析を適用することで自由空間中のアンテナ表面電流分布を逆推定し,再構成した電流分布に対して大地下に影像電流を考慮することでアンテナの大地上遠方界が精度よく推定できることを示している. 
(英) Antenna measurements are done in an anechoic chamber, its characteristics regarded as equal to the characteristics in free space. Actual far-field pattern is different from the far-field in free space because it is affected by the earth. Therefore we need to estimate the far-field pattern when the antennas are placed above the earth from the measurement data in anechoic chamber for obtaining the practical antenna pattern. This report proposes the method of far-field estimation when the antenna above the earth using north hemispherical near-field data measured in anechoic chamber. We apply the inverse problem to the hemispherical near-field data in free space, it can be estimate surface current of the antenna accurately using forward reconstructed full-spherical near-field data from reconstructed surface current. The far-field when the antenna is placed on the earth of arbitrary electric constant is obtained by considering the image current of the reconstructed surface current.
キーワード (和) 近傍界測定 / 遠方界推定 / 大地上遠方界 / 逆問題 / 半球測定 / / /  
(英) Near-field measurement / Far-field estimation / Far-field on the earth / Inverse problem / Hemispherical measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 181, AP2017-81, pp. 71-74, 2017年8月.
資料番号 AP2017-81 
発行日 2017-08-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-08-24 - 2017-08-25 
開催地(和) 函館工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hakodate College 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半球状近傍界を用いた逆問題解析による大地上アンテナの遠方界推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Far-Field Estimation of Antenna above the Earth by Source Reconstruction from Hemispherical Near-Field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近傍界測定 / Near-field measurement  
キーワード(2)(和/英) 遠方界推定 / Far-field estimation  
キーワード(3)(和/英) 大地上遠方界 / Far-field on the earth  
キーワード(4)(和/英) 逆問題 / Inverse problem  
キーワード(5)(和/英) 半球測定 / Hemispherical measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 義喜 / Yoshiki Sugimoto / スギモト ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 宏之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-25 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-81 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会