電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-25 10:55
MIMO Full-Duplexシステムにおける180度ハイブリッドを用いた自己干渉抑圧法の実験的検討
山本芳之東北大)・新関莉理橋本雄大仙台高専)・本間尚樹岩手大)・袁 巧微仙台高専)・陳 強東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Full-Duplexシステムを実現するためには,自己干渉抑圧が必要不可欠である.著者らはRF領域での自己干渉抑圧法として,送信リニアアレーのエンドファイア配置とアナログ給電回路を用いた方法を提案している.本稿では,著者らの提案するアナログ干渉抑圧法について,実験によってその効果を確認した結果を報告する.まず,複数の180度ハイブリッドからなるアナログ給電回路を誘電体基板上に構成した結果について述べる.次に,各4素子のリニアアレーを送受信に用い,送受信アンテナの中心間距離が3.2mとなるように配置し,受信側に試作給電回路を接続し電波暗室内で測定を行った.本実験によって提案法にて15dBの干渉抑圧が可能になることを示す. 
(英) A self-interference suppression is essential for realizing the full-duplex system. We have proposed the self-interference suppression method at RF, where the end-fire-arranged Tx/Rx linear arrays combined with the multiple 180 degree-hybrids at Rx side are used. This report experimentally verifies the effect of the proposed analog-interference cancellation method. First, we present the feed network comprising the several 180 degree hybrids fabricated on a dielectric substrate. After that, we describe the experimental results of two sets of four-element-linear arrays in an anechoic chamber, where the center-to-center spacing of arrays was 3.2 m, and fabricated feed network was used at Rx side. The experimentation demonstrated the interference power is suppressed by 15 dB by the proposed method.
キーワード (和) MIMO / Full-Duplex / 自己干渉 / ハイブリッド / / / /  
(英) MIMO / full-duplex / self-interference / hybrid / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 181, AP2017-82, pp. 75-80, 2017年8月.
資料番号 AP2017-82 
発行日 2017-08-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-08-24 - 2017-08-25 
開催地(和) 函館工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hakodate College 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO Full-Duplexシステムにおける180度ハイブリッドを用いた自己干渉抑圧法の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Self-Interference Suppression Method Using 180 Degree Hybrid Circuit in MIMO Full-Duplex System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) Full-Duplex / full-duplex  
キーワード(3)(和/英) 自己干渉 / self-interference  
キーワード(4)(和/英) ハイブリッド / hybrid  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 芳之 / Yoshiyuki Yamamoto / ヤマモト ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新関 莉理 / Riri Niizeki / ニイゼキ リリ
第2著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
National Institute of Technology, Sendai College (略称: NIT, Sendai Collge)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 雄大 / Yudai Hashimoto / ハシモト ユウダイ
第3著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
National Institute of Technology, Sendai College (略称: NIT, Sendai Collge)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚樹 / Naoki Honma / ホンマ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 袁 巧微 / Qiaowei Yuan / エン チャオウェイ
第5著者 所属(和/英) 仙台高等専門学校 (略称: 仙台高専)
National Institute of Technology, Sendai College (略称: NIT, Sendai Collge)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 強 / Quiang Chen / チン キョウ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-25 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-82 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会