電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-08-24 10:25
サブアーバンにおける28GHz帯電波到来方向推定の基礎検討
伊藤智史中野雅之KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動基地局への技術導入が検討されているMassive MIMOを用いたエリアの設計には,複雑な伝搬環境を従来よりも精度良く模擬することが求められる.また,Massive MIMOの導入ではミリ波帯のような従来とは大きく異なる周波数帯の利用も検討されている.本稿では,28GHz帯サブアーバンでの電波到来方向測定を実施し,反射・回折・散乱成分を含んだ到来角度特性を複数の測定箇所について示した.また交差偏波成分の測定も行った.各測定箇所にけるXPRは約5 dB程度で同等の結果となった.また測定結果をレイトレースによる解析結果と比較し,各測定箇所における到来角度ごとに考察した結果について示した. 
(英) More precise simulation is required to design the area with massive MIMO which is considered of applying for mobile base station. In addition, the use of new frequency bands such as millimeter wave is considered. In this paper, direction of arrival (DoA) in the 28 GHz-band at suburban area is measured, we obtained DoA characteristic including reflective, diffracted and scattered wave components. Cross polarization components are measured, XPRs at each of the measuring point are around 5 dB. The measurement results are compared with the results simulated with ray tracing then the results of discussion for DoA characteristic are shown.
キーワード (和) 反射 / 回折 / 散乱 / 28GHz帯 / 到来方向 / レイトレース / /  
(英) Reflection / Diffraction / Scattering / 28 GHz-band / Direction of Arrival / Ray Tracing / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 181, AP2017-70, pp. 13-17, 2017年8月.
資料番号 AP2017-70 
発行日 2017-08-17 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-08-24 - 2017-08-25 
開催地(和) 函館工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hakodate College 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サブアーバンにおける28GHz帯電波到来方向推定の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Feasible study on direction of arrival estimation of 28 GHz band in suburban 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反射 / Reflection  
キーワード(2)(和/英) 回折 / Diffraction  
キーワード(3)(和/英) 散乱 / Scattering  
キーワード(4)(和/英) 28GHz帯 / 28 GHz-band  
キーワード(5)(和/英) 到来方向 / Direction of Arrival  
キーワード(6)(和/英) レイトレース / Ray Tracing  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 智史 / Satoshi Ito / イトウ サトシ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 雅之 / Masayuki Nakano / ナカノ マサユキ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-08-24 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-70 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.181 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2017-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会