電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-14 15:15
進化的アルゴリズムにおける突然変異分布の影響
大戸雄一朗森田雄貴澤出浩幹木村貴幸日本工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多目的最適化問題に対する進化的アルゴリズムの代表的な解法の一つである Strength Pareto Evolutionary Algorithm 2 は, 目的関数の値が最適解付近で急激に変化する一部のベンチマーク問題に対して, 局所探索の性能が低 く, 最適なパレートフロントを形成することは困難なことを予備実験により確認した. そこで本研究では, 突然変異で 用いられる乱数の分布を変動させることで, 効率的な広域探索や局所探索を実現する改良を試みた. 数値実験の結果か ら, 突然変異における乱数の分布を動的に変動させることで, より良質な遺伝子を獲得し, パレート解の収束性能が向 上することを確認した. 
(英) When solving the benchmark problems in which objective functions sharply fluctuate near optimum values, the Strength Pareto Evolutionary Algorithm 2 that is one of the effective evolutionary algorithms shows poor searching performance and the SPEA2 is difficult to form an optimum pareto front. In this paper, we randomly change the distribution of random numbers used in mutations using genetic information. In numerical experiments, we confirmed that the improved SPEA2 shows higher convergence performance compared with the original SPEA2 by dynamically changing the distribution of random numbers used in the mutation part.
キーワード (和) 進化的アルゴリズム / 多目的最適化問題 / SPEA2 / 突然変異 / / / /  
(英) Evolutionary algorithm / Multi objective optimization problem / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 121, NLP2017-48, pp. 107-112, 2017年7月.
資料番号 NLP2017-48 
発行日 2017-07-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル大研修室 
開催地(英) Miyako Island Marine Terminal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 進化的アルゴリズムにおける突然変異分布の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Influence of Mutation Distribution for Evolutionary Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 進化的アルゴリズム / Evolutionary algorithm  
キーワード(2)(和/英) 多目的最適化問題 / Multi objective optimization problem  
キーワード(3)(和/英) SPEA2 /  
キーワード(4)(和/英) 突然変異 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大戸 雄一朗 / Yuuichirou Ooto / オオト ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 雄貴 / Yuuki Morita / モリタ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤出 浩幹 / Hiroki Sawade / サワデ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴幸 / Takayuki Kimura / キムラ タカユキ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-14 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-48 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会