電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-13 15:45
SD-CNNを用いた画像復元手法に関する一検討
水谷涼平戸田英治青森 久中京大)・Sathit PrasomphanKing Mongkut Univ. of Tech. North Bangkok)・田中 衞上智大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,パソコンやスマートフォンの普及によりデジタル画像を扱う機会が増加しているが,画像データがすべて無欠損な十全の状態にあるとは限らない.例えば,イメージセンサ不良による画素の欠損,通信路におけるノイズ混入,欠損のある写真のデジタル化,目的外のオブジェクトが映り込んでしまった場合など数多くあげられる.
本稿では上記のような画像欠損の問題に対して,シグマデルタセルラーニューラルネットワーク(SD-CNN)を利用した従来の画像復元手法の更なる高性能化を目的とし,SD-CNN の動作に大きく影響を及ぼすテンプレートの適応的な切り換えと,係数の再検討を行った.10%~50%の画素を欠損させた6 種類の画像に対する復元実験を行い,提案手法が従来手法よりも優れた画像復元性能を有することを明らかにした. 
(英) In recent years, the practical use of digital images have been progressed because of the popularization and advance of information terminals such as personal computers, smartphones and tablets. The image deteriorations are caused by image sensor failure, noise mixing in communication path, digitization of already defected photographs and mixing of unwilling objects. In our previous work, to cope with above problems, the basic restoration technique of damaged image using the sigma-delta cellular neural network (SD-CNN) was proposed. In this paper, to improve restoration performance, we propose a novel image inpainting method using the SD-CNN having the defective-pixel-oriented B-template. In the proposed method, in order to perform optimal pixel reconstruction, the B-template is adaptively switched according missing pixel information. We performed image reconstruction experiments on 6 images with 10% - 50% loss rate and clarified that the proposed method has better image restoration performance than that of our previous method.
キーワード (和) Σ-Δ変調器 / セルラーニューラルネットワーク / 画像復元 / / / / /  
(英) Sigma-Delta Modulation / Cellular Neural Network / Image Inpainting / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 121, NLP2017-37, pp. 53-57, 2017年7月.
資料番号 NLP2017-37 
発行日 2017-07-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル大研修室 
開催地(英) Miyako Island Marine Terminal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SD-CNNを用いた画像復元手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Image Inpainting Methods by using SD-CNN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Σ-Δ変調器 / Sigma-Delta Modulation  
キーワード(2)(和/英) セルラーニューラルネットワーク / Cellular Neural Network  
キーワード(3)(和/英) 画像復元 / Image Inpainting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 涼平 / Ryohei Mizutani / ミズタニ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 英治 / Hideharu Toda / トダ ヒデハル
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青森 久 / Hisashi Aomori / アオモリ ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Sathit Prasomphan / Sathit Prasomphan /
第4著者 所属(和/英) King Mongkut University of Technology North Bangkok (略称: King Mongkut Univ. of Tech. North Bangkok)
King Mongkut University of Technology North Bangkok (略称: King Mongkut Univ. of Tech. North Bangkok)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 衞 / Mamoru Tanaka / タナカ マモル
第5著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-13 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-37 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2017-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会