電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-07-13 10:55
多モード2次元区分的アファインシステムに対するリミットサイクル制御問題における設計条件の緩和
甲斐健也泉 幸佑東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,多モード2次元区分的アファインシステムに対し,所望のリミットサイクルを生成させるような制御則を求める「リミットサイクル制御問題」において,制御則の設計条件の緩和を行い,適用範囲の拡大を行うことが目的である.特に,所望のリミットサイクルとなる多角形閉軌道の形状を可変にすることによって,設計条件の一部から設計パラメータを抽出することができ,設計の自由度を上げることができた.提案手法を用いて数値シミュレーションを行った結果,与えられたシステムに対して制御入力を印加することにより,所望のリミットサイクル軌道が生成できることが確認できた. 
(英) The purpose of this study is to relax design conditions of the limit cycle control problem on derivation of controllers that generate desired limit cycles for multi-modal and 2-dimensional piecewise affine systems, and extend the range of applications. Especially, by making the shapes of desired polygonal closed curves flexible, we can extract one design parameter from a design condition and increase the degree of freedom for controller design. From a numerical simulation, it can be confirmed that the proposed new method generates a desired limit cycle for a given system.
キーワード (和) 区分的アファインシステム / リミットサイクル制御 / 状態フィードバック制御 / 設計条件 / / / /  
(英) Piecewise Affine System / Limit Cycle Control / State Feedback Control / Design Conditions / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 121, NLP2017-29, pp. 7-12, 2017年7月.
資料番号 NLP2017-29 
発行日 2017-07-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-07-13 - 2017-07-14 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル大研修室 
開催地(英) Miyako Island Marine Terminal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-07-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多モード2次元区分的アファインシステムに対するリミットサイクル制御問題における設計条件の緩和 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relaxation of Design Conditions in the Limit Cycle Control Problem for Multi-modal and 2-dimensional Piecewise Affine Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 区分的アファインシステム / Piecewise Affine System  
キーワード(2)(和/英) リミットサイクル制御 / Limit Cycle Control  
キーワード(3)(和/英) 状態フィードバック制御 / State Feedback Control  
キーワード(4)(和/英) 設計条件 / Design Conditions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐 健也 / Tatsuya Kai / カイ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 幸佑 / Kousuke Izumi / イズミ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-07-13 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-29 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-07-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会