電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-23 12:10
小型・高Q値を狙った4重モード共振器
長尾拓馬舟山厚志田村昌也豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 基地局フィルタの小型化に対する解決策として多重モード共振器の利用がある.しかし,フィルタのサイズと無負荷Qはトレードオフの関係にあるため,性能を維持した小型化は困難である.そこで,共振器内部全体に各モードのエネルギーを分布させることでQ値の劣化を抑えた4重モード共振器について報告する.まず,空洞共振器内に励振されるモードの電界定在波が最大振幅を示す領域に金属柱を配置することで無負荷Qの劣化を抑えつつ,共振周波数を変化できることを明らかにする.これをもとに4つの金属柱からなる4重モード共振器の構造を示し,電磁界解析において体積約260 cm3で無負荷Q約5,000が実現できることを述べる. 
(英) A multimode resonator is one of the promising solutions to downsize the base station filter. However, minimization of the filter decreases the unloaded Q factor. This paper presents the quadruple-mode resonator that reduces the deterioration of unloaded Q factor. First, it is revealed that the cavity resonant frequency with the suppression of the deterioration in the unloaded Q factor can be handled by arranging the metal columns at the maximum amplitude of electric field standing wave in the cavity resonance mode. Then, the structure of the quadruple-mode resonator with 4 metal columns is proposed. The proposed resonator has the unloaded Q factor of around 5,000 at the volume of approximately 260 cm3.
キーワード (和) 基地局 / マルチモード / キャビティフィルタ / 無負荷Q / / / /  
(英) Base station / Multi-mode / Cavity filter / Unloaded Q / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 104, MW2017-30, pp. 49-54, 2017年6月.
資料番号 MW2017-30 
発行日 2017-06-15 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-06-22 - 2017-06-23 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 A棟 A-101講義室 
開催地(英) A-101, Wing-A, Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) マイクロ波信号発生計測技術/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Signal Generation and Measurement / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-06-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型・高Q値を狙った4重モード共振器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quadruple-mode cavity resonator aimed at compactness and high Q factor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局 / Base station  
キーワード(2)(和/英) マルチモード / Multi-mode  
キーワード(3)(和/英) キャビティフィルタ / Cavity filter  
キーワード(4)(和/英) 無負荷Q / Unloaded Q  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長尾 拓馬 / Takuma Nagao / ナガオ タクマ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟山 厚志 / Atsushi Funayama / フナヤマ アツシ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 昌也 / Masaya Tamura / タムラ マサヤ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-23 12:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-30 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2017-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会