電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-22 14:00
先端可動プローブを用いたRF接続構造におけるロバスト性の改善
青山裕之石橋秀則米田尚史山本直幸宮崎守泰三菱電機
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 回路基板同士のRF接続には同軸コネクタが広く用いられている.しかしながら,同軸コネクタは互いを嵌合させて接続するため,主に基板平面方向の位置ずれを許容できない.そこで,筆者らは接続部の位置ずれに強いRF接続構造の実現に向け,先端可動プローブを用いたRF接続構造を検討してきた.本接続構造は基板平面方向の位置ずれには強いが,高さ方向に位置ずれした場合にRF特性が劣化する課題がある.本報告では,本課題を解決する構造として,地導体の一部を除去した構造,いわゆるDGS (Defected Ground Structure)を適用したRF接続構造を提案する.また,電磁界解析ならびに試作評価により提案構造の有効性を検証した.試作評価の結果,提案構造を適用しなかったRF接続構造は,基板と金属筐体間の空隙が発生するのに伴い反射損が17dBまで劣化するのに対し,提案構造を適用した場合には反射損が20dB以上となり,提案構造の有効性を確認した. 
(英) The coaxial connector is commonly used for electrical connection between circuit boards at radio frequency (RF). However, it is necessary to match position of coaxial pins for the connection, so circuit boards cannot be connected when the connectors are misaligned. For realizing a misalignment-resistant RF connection structure, we have studied the RF connection structure using spring contact probes. In this paper, RF connector with improved robustness by defected ground structure (DGS) is proposed. In addition, efficiency of proposed structure is verified by electromagnetic simulation and measure. The measurement results of fabricated connector shows that conventional structure with a gap between substrate and metal chassis has 17dB return loss. On the other hand, proposed structure has 20dB return loss, and we confirm the efficiency of it.
キーワード (和) RF接続構造 / 先端可動プローブ / モード変換器 / DGS / / / /  
(英) RF connection / Spring contact probe / Transition / DGS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 104, MW2017-21, pp. 1-4, 2017年6月.
資料番号 MW2017-21 
発行日 2017-06-15 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2017-06-22 - 2017-06-23 
開催地(和) 豊橋技術科学大学 A棟 A-101講義室 
開催地(英) A-101, Wing-A, Toyohashi University of Technology 
テーマ(和) マイクロ波信号発生計測技術/マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Signal Generation and Measurement / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2017-06-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 先端可動プローブを用いたRF接続構造におけるロバスト性の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Improvement of Robustness for Vertical Transition Using Spring Contact Probes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RF接続構造 / RF connection  
キーワード(2)(和/英) 先端可動プローブ / Spring contact probe  
キーワード(3)(和/英) モード変換器 / Transition  
キーワード(4)(和/英) DGS / DGS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 裕之 / Hiroyuki Aoyama / アオヤマ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 秀則 / Hidenori Ishibashi / イシバシ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 尚史 / Naofumi Yoneda / ヨネダ ナオフミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直幸 / Naoyuki Yamamoto / ヤマモト ナオユキ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 守泰 / Moriyasu Miyazaki / ミヤザキ モリヤス
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-22 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2017-21 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.104 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2017-06-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会