電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-06-08 13:30
ミリ波帯における人体の散乱に関する実験的検討
トラン ゴクハオ北尾光司郎今井哲朗奥村幸彦中村武宏NTTドコモ)・徳田裕司三宅貴男ロビン ワンツー ウェン北野 元ロジャー ニコラスキーサイト・テクノロジー
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,10 Gbps程度を超える超高速・大容量モバイル通信ネットワーク,いわゆる第5 世代移動通信システム(5G)の検討が進められている.この5Gシステムを実現するには広帯域周波数幅が必要である.そこで,広帯域周波数幅を確保可能な高周波数帯(6~100 GHz)の利用が一つの実現方法である.上記の高周波数帯の中,特に,ミリ波帯においては,数GHzまでの広帯域幅を活用できる極めて高いポテンシャルを持つ.しかし,伝搬損失が非常に大きいため,スモールセルへの利用が検討されている.また,ミリ波帯を使用するスモールセルを積極的に導入するエリアとして,人体が密集した高トラフィックエリア,例えば駅前広場,空港ラウンジ,ショッピングモール等が考えられる.従って,精度良く無線回線設計を行うために,上記の環境において,人体による電波の遮蔽だけでなく,人体による電波の散乱も伝搬チャネル特性への影響を明らかにする必要がある.本稿では,ミリ波帯である67GHz帯における人体による電波の散乱特性を測定・評価した結果について報告する. 
(英) The future mobile communications systems (5G), which enables data transmission rate as high as 10 Gbps has been the focus of studies recently. One approach to realize the 5G is using high frequency bands (6-100 GHz) for the reason of providing very large bandwidth. Especially, in millimeter waves, huge bandwidth up to several GHz can be utilized. However, because of suffering high path losses, millimeter waves are considered to use for small cells. One of main environments of introducing small cells using millimeter waves are high traffic areas with dense pedestrians such as open squares, airport lounges, shopping malls. To design radio links with high accuracy, not only the effects of shadowing but also the effects of scattering of radio waves by the human bodies need to be clarified. In this paper, we measure and present the effects of scattering of radio waves by a human body at 67 GHz band.
キーワード (和) 5G / 広帯域幅 / ミリ波帯 / 人体による電波の散乱特性 / / / /  
(英) 5G / large bandwidth / millimeter waves / scattering of radio waves by human bodies / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 77, AP2017-41, pp. 7-12, 2017年6月.
資料番号 AP2017-41 
発行日 2017-06-01 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-06-08 - 2017-06-08 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波帯における人体の散乱に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Empirical Study on Scattering Characteristics of Radio Wave by a Human Body in Millimeter Waves 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 広帯域幅 / large bandwidth  
キーワード(3)(和/英) ミリ波帯 / millimeter waves  
キーワード(4)(和/英) 人体による電波の散乱特性 / scattering of radio waves by human bodies  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ゴクハオ / Ngochao Tran / トラン ゴクハオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT Docomo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Koshiro Kitao / キタオ コウシロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT Docomo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT Docomo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT Docomo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 武宏 / Tekehiro Nakamura / ナカムラ タケヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT Docomo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 裕司 / Hiroshi Tokuda / トクダ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 貴男 / Takao Miyake / ミヤケ タカオ
第7著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) ロビン ワン / Robin Wang / ロビン ワン
第8著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) ツー ウェン / Zhu Wen / ツー ウェン
第9著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 北野 元 / Hajime Kitano / キタノ ハジメ
第10著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) ロジャー ニコラス / Roger Nichols / ロジャー ニコラス
第11著者 所属(和/英) キーサイト・テクノロジー合同会社 (略称: キーサイト・テクノロジー)
Keysight Technologies, Inc. (略称: Keysight Technologies)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-06-08 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2017-41 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.77 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-06-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会