電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 14:05
PDFファイルの内部構造を考慮した大容量電子透かし法
福島拓哉栗林 稔舩曵信生岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) PDF文書はどのコンピュータでも表示,印刷することが可能な電子文書フォーマットであり,ビジネスシーンでも多く利用されている.そのためPDFファイルが不正利用された場合の損害が大きいことから,PDFファイルに対する電子透かし技術の研究が注目されている.本論文ではテキスト文字の間隔を変化,制御することで電子透かしを埋め込む手法を提案する.提案手法で,PDF文書の内部構造で決められた語間の間隔(スペーシング)の数値を1行ごとに信号ベクトルとして取得し,信号処理技術に基づいて複数ビットの透かし情報の埋め込み処理を行うことで語間を制御する.また変化量を抑制するため,取得した信号ベクトルの要素の順序を入れ替えた後にDCT(離散コサイン変換)することで得た周波数成分に対して透かし埋め込みを行い,逆DCTをした際に埋め込まれた透かし情報が拡散されるようにしている.これにより,意図的な透かし情報の改変や除去を防ぐことができる.シミュレーションにより,透かし情報の埋め込み後と前のファイル間でのサイズ変化はごく微量であり,視認性の劣化も知覚できない程度であることが確認できた. 
(英) PDF files are popular format of digital documents that can be displayed on digital devices such as PC, tablet, and smart phone. Because of its popularity, the illegal use of PDF files may cause serious trouble. Therefore, the watermarking technique for preventing illegal use is necessary. In this paper, we propose a high capacity watermarking scheme which changes the spaces among words and letters in PDF files. We regard the sequence of the spaces as a host vector, and modies the vector based on a signal processing technology. To control the space changes produced by the embedding, the watermark is inserted into the frequency components converted from the vector by DCT(Discrete Cosine Transform). Before the DCT, the elements in the host vector is randomly permuted according to a secret key. Such an operation makes the removal and modification of watermark difficult without the secret key. Through computer simulation, the changes of PDF file size and the degradation of the visual appearance are numerically evaluated.
キーワード (和) PDF / 電子透かし / 信号ベクトル / 離散コサイン変換 / / / /  
(英) PDF / watermarking / vector / DCT(Discrete Cosine Transform) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 40, EMM2017-3, pp. 13-18, 2017年5月.
資料番号 EMM2017-3 
発行日 2017-05-15 (IT, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM IT  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-23 
開催地(和) 山形大学(米沢キャンパス) 
開催地(英) Yamagata University(Yonezawa Campus) 
テーマ(和) 情報セキュリティ,情報理論,情報ハイディング,一般 
テーマ(英) Information Security, Information Theory, Information Hiding, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2017-05-EMM-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PDFファイルの内部構造を考慮した大容量電子透かし法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Watermarking Scheme with Large Capacity Considering the Internal Structure of PDF File 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PDF / PDF  
キーワード(2)(和/英) 電子透かし / watermarking  
キーワード(3)(和/英) 信号ベクトル / vector  
キーワード(4)(和/英) 離散コサイン変換 / DCT(Discrete Cosine Transform)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 拓哉 / Takuya Fukushima / フクシマ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 稔 / Minoru Kuribayashi / クリバヤシ ミノル
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-IT2017-3,IEICE-EMM2017-3 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.39(IT), no.40(EMM) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2017-05-15,IEICE-EMM-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会