電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 10:25
Fully Secureな紛失キーワード検索
黒澤 馨・○根本雄輝茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 紛失キーワード検索方式とは、以下のような2者間プロトコルである。サーバは( Data={(x_i,m_i)} )を持つ。ここで、$x_i$はキーワード、$m_i$はデータベースレコードである。クライアントは、検索キーワード$w$について( Search(w)={m_i mid w=x_i} )を得る。このとき、クライアントは$w$を秘匿でき、サーバは$Data$を秘匿できる。従来の方式においては、このような秘匿性のみが証明されていた。本稿では、クライアントが$Search(w)$を正しく得ることも証明されたfully secureな方式を示す。本方式は、DDH仮定の下、CRSモデルにおいて成り立つ。 
(英) Oblivious keyword search (OKS) is a secure two party protocol such that the server has ( Data={(x_i,m_i)} ), and the client receives ( Search(w)={m_i mid w=x_i} ) for a search word $w$, where $x_i$ is a keyword and $m_i$ is the associated payload (database record). In the previous protocols, only the privacy of each party is proved. In this paper, we show the first fully secure OKS protocol under the DDH assumption in the CRS model. Not only the privacy of each party is proved, but also it is proved that the client outputs $Search(w)$ correctly even if the server is malicious.
キーワード (和) キーワード検索 / DDH / CRSモデル / / / / /  
(英) keyword search / DDH / CRS model / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 25, ISEC2017-2, pp. 7-14, 2017年5月.
資料番号 ISEC2017-2 
発行日 2017-05-05 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2017-05-12 - 2017-05-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2017-05-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Fully Secureな紛失キーワード検索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fully Secure Oblivious Keyword Search 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) キーワード検索 / keyword search  
キーワード(2)(和/英) DDH / DDH  
キーワード(3)(和/英) CRSモデル / CRS model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒澤 馨 / Kaoru Kurosawa / クロサワ カオル
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 根本 雄輝 / Yuuki Nemoto / ネモト ユウキ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2017-2 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.7-14 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2017-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会