電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-12 11:50
excitable素子の大域結合系に発生する振動現象の解析
富永広貴佐賀大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 刺激に対して一度発火した後,固定点で静止する興奮性素子として最も簡単なFitzHugh-Nagumoモデルを大域結合させた系を調べた。
脳において,一個のニューロンは excitable な性質を持つことから,この大域
結合系は,ニューロン集団のlimit cycle 的振動に対応付けられる。
結合係数がある大きさの時,各素子は静止状態に至ることなく,いくつかのクラスタに分かれて振動を続ける。 
(英) We investigated a system which globally coupled FitzHugh-Nagumo model
as the simplest model of excitatory element which rests after firing
once against stimulation.
In the brain, since one neuron has an excitable nature, this global
coupling system is associated with the limit cycle oscillation of the
neuron population.
When the coupling coefficient is within a certain range, each element does not reach a stationary state, it is divided into several clusters and continues to oscillate.
キーワード (和) 興奮性素子 / 大域結合系 / クラスタリング振動 / / / / /  
(英) Excitable / Globally coupling / Clustering Oscillation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 18, NLP2017-20, pp. 99-102, 2017年5月.
資料番号 NLP2017-20 
発行日 2017-05-04 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 岡山理科大学 
開催地(英) Okayama University of Science 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) excitable素子の大域結合系に発生する振動現象の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of oscillations occurring in the global coupling system of excitable elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 興奮性素子 / Excitable  
キーワード(2)(和/英) 大域結合系 / Globally coupling  
キーワード(3)(和/英) クラスタリング振動 / Clustering Oscillation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 広貴 / Hirotaka Tominaga / トミナガ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-12 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-20 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会