電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-11 11:25
Min-Sumアルゴリズムに基づいたデルタシグマ領域LDPC復号回路
安田明義藤坂尚登福島 勝神尾武司広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車載ECU間の通信に電源ラインを用いた場合のバースト誤り対策としてインタリーブとランダム誤り訂正符号の組み合わせが効果的である.ただし,車には多くのECUが搭載されているため通信の信頼性を向上させる回路に小型化,抵コスト化が求められる.本研究ではLDPC符号における復号の手法であるMin-Sumアルゴリズムを用いてデルタシグマ領域で誤り訂正する復号回路を構成し,回路の小型化を図る. 
(英) Combination of interleaving and random error correction code is effective as a measure against burst error when power line is used for communication between ECUs in a car. However, since many ECUs are mounted in a car, miniaturization and cost reduction are required for reliable communication circuits. In this study, we construct a LDPC(Low Density Parity Check) decorder circuit that performs error correction in the delta sigma domain based on the Min-Sum algorithm and attempts to downsize the circuit.
キーワード (和) デルタシグマ変調 / Min-Sum復号 / LDPC符号 / / / / /  
(英) Delta-sigma modulation / Min-Sum decoding / LDPC code / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 18, NLP2017-5, pp. 23-27, 2017年5月.
資料番号 NLP2017-5 
発行日 2017-05-04 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 岡山理科大学 
開催地(英) Okayama University of Science 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Min-Sumアルゴリズムに基づいたデルタシグマ領域LDPC復号回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Delta Sigma Domain LDPC Decoder Based on Min-Sum Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デルタシグマ変調 / Delta-sigma modulation  
キーワード(2)(和/英) Min-Sum復号 / Min-Sum decoding  
キーワード(3)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 明義 / Akiyoshi Yasuda / ヤスダ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 勝 / Masaru Fukushima / フクシマ マサル
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-11 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-5 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会