電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-11 14:05
結合カオス写像を用いたニューラルネットワークの学習
佐藤 柊生田智敬中村雄一阿南高専)・上手洋子西尾芳文徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,人間の脳の構造をモデルにしたニューラルネットワークと呼ばれるネットワークの研究が盛んに行われている.現在,階層型のニューラルネットワークが主流となっているが,このネットワークの一般的な学習法である誤差逆伝搬法には局所解に落ちてしまうという問題がある.本研究では,この問題を解決するために結合カオス写像を用いたドロップアウト法を提案する.それぞれの中間層に異なる初期値を持ったカオスを与え,そのカオスの値がしきい値以上のとき,そのニューロンは結合荷重を更新しない.シミュレーション結果より,カオスを与えた方が局所解から脱出しやすく学習性能の向上が見られた. 
(英) In recent years, research on neural networks has been actively conducted. Neural network refers to the human brain network. A lot of network construction called “multilayered perception” is employed now. The error reverse spread method is the learning method used well in a multilayered perception. However, this method includes what's called the issue of local solution. In this study, I suggest the dropout method using the chaos and CML to solve this problem. Each neuron has a separate chaos and when they are above a certain level, do not perform learning. This research works to solve the local solution problem.
キーワード (和) ニューラルネットワーク / ドロップアウト法 / カオス / / / / /  
(英) Neural network / dropout / chaos / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 18, NLP2017-9, pp. 43-46, 2017年5月.
資料番号 NLP2017-9 
発行日 2017-05-04 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 岡山理科大学 
開催地(英) Okayama University of Science 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 結合カオス写像を用いたニューラルネットワークの学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning of Neural Network with Coupled Chaotic Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural network  
キーワード(2)(和/英) ドロップアウト法 / dropout  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 柊 / Shu Sato / サトウ シュウ
第1著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
National Institute of Technology, Anan College (略称: NIT, Anan College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生田 智敬 / Chihiro Ikuta / イクタ チヒロ
第2著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
National Institute of Technology, Anan College (略称: NIT, Anan College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 雄一 / Yuichi Nakamura / ナカムラ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 阿南工業高等専門学校 (略称: 阿南高専)
National Institute of Technology, Anan College (略称: NIT, Anan College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-11 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-9 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会