電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-11 11:50
スタブ型電子波フィルタの反射透過特性の数値解析
早川翔大藤坂尚登神尾武司広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スタブ型構造の量子ポテンシャル系はテラヘルツ波受信システムの周波数弁別器として利用できると考えられる.この量子系は電子波の運動量に依存して電子波が反射または透過する.本研究では,差分法を用いて電子波の伝搬を数値解析することで電子波の反射透過の運動量に対する変化を解析した.また,テラヘルツ波受信システムの回路シミュレータモデルの作成を念頭に電子の軌道サンプルの計算を行った.数値解析によりスタブ型構造の量子系がフィルタとして機能することを確認した. 
(英) A quantum system with a stub-structured potential is considered to be usable as a frequency discriminator of terahertz wave receiver system. In this quantum system, the electron wave is reflected or transmitted near the connection area of the stub depending on the momentum of the electron wave. In this study, by numerical analysis of the propagation of the electron wave using the difference method, we analyzed the change of reflection and transmission with respect to the momentum of the electron wave. We calculated the sample trajectories of electrons by stochastic quantization on which circuit simulator model is based for terahertz wave receiver system. Numerical analysis confirmed that the quantum system with a stub-structured potential functions as a filter.
キーワード (和) 確率過程量子化 / 電子波 / スタブフィルタ / / / / /  
(英) stochastic quantization / electron wave / stub filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 18, NLP2017-6, pp. 29-33, 2017年5月.
資料番号 NLP2017-6 
発行日 2017-05-04 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-05-11 - 2017-05-12 
開催地(和) 岡山理科大学 
開催地(英) Okayama University of Science 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-05-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スタブ型電子波フィルタの反射透過特性の数値解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical Analysis of Reflection-Transmission Characteristics of an Electron-Wave Stub Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率過程量子化 / stochastic quantization  
キーワード(2)(和/英) 電子波 / electron wave  
キーワード(3)(和/英) スタブフィルタ / stub filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 翔大 / Shota Hayakawa / ハヤカワ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-11 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2017-6 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.18 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2017-05-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会