電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-04-27 16:25
同軸型熱音響システムのプライムムーバ設置位置が冷却能力に与える影響
武山幸浩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・角田 歩渡辺好章同志社大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 熱音響現象を用いることで,廃熱などの未利用エネルギーを利用した冷却システムの作成が可能となる.矢崎らは進行波位相でエネルギー変換するループ管型熱音響システム(ループ管型)を開発した.熱音響システムのスタック内でのエネルギー変換が進行波位相で行われた場合,定在波位相に比べて高効率である.しかし,ループ管型の問題点としてシステムが大型であることが挙げられる.この問題を解決する新たな形状として,進行波位相でのエネルギー変換が可能であり,ループ管型に比べて小型化が容易な同軸型熱音響システム(同軸型)が提案されている.本報告では,同軸型の冷却能力向上を目的とし,システムの駆動源であるプライムムーバ(PM)の設置位置を変更し,PM設置位置によって冷却能力が向上することを確認した.しかし,PM設置位置によっては,音響流や,粘性境界層の影響により,冷却能力の向上が抑制されることが示唆された. 
(英) Thermoacoustic phenomenon can realize a cooling system with unutilized energy such as waste heat. Yazaki et al. developed the looped-tube thermoacoustic system (looped-tube type) which converts energy by a traveling wave phase. Energy conversion efficiency with traveling wave phase is higher than that with standing wave phase. However, the loop-tube type has a problem for downsizing. As the one of the method of improvement way, the coaxial thermoacoustic system (coaxial type) is proposed. Coaxial type is compact compared with loop-tube type and able to do energy conversion with traveling wave phase. To improve a cooling capacity, this paper investigates the effect of a position of a prime mover on energy conversion. As the results, it is suggested that position of a prime mover improves a cooling capacity. However, it is suggested that effect of acoustic streaming and viscous boundary layer decrease a cooling capacity in particular positions of a prime mover.
キーワード (和) 熱音響現象 / 同軸型システム / 音響流 / 粘性境界層 / / / /  
(英) Thermoacoustic phenomenon / Coaxial system / Acoustic streaming / Viscous boundary layer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 14, US2017-11, pp. 53-58, 2017年4月.
資料番号 US2017-11 
発行日 2017-04-20 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2017-04-27 - 2017-04-27 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 非線形音響, 一般 (共催:非線形音響研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-04-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同軸型熱音響システムのプライムムーバ設置位置が冷却能力に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of prime mover positioning on cooling temperature in a coaxial thermoacoustic system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 熱音響現象 / Thermoacoustic phenomenon  
キーワード(2)(和/英) 同軸型システム / Coaxial system  
キーワード(3)(和/英) 音響流 / Acoustic streaming  
キーワード(4)(和/英) 粘性境界層 / Viscous boundary layer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武山 幸浩 / Yukihiro Takeyama / タケヤマ ユキヒロ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha Univercity (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 眞一 / Shin-ichi Sakamoto / サカモト シンイチ
第2著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Pref.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 歩 / Ayumu Kakuda / カクダ アユム
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha Univercity (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 好章 / Yoshiaki Watanabe / ワタナベ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha Univercity (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-04-27 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2017-11 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2017-04-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会