電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 13:30
バリアマップに向けたニューロ技術のスマートフォンへの実装
橘 俊宏湘南工科大)・井上道哉安達雅春東京電機大)・長澤可也湘南工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車いす利用者は移動の際に段差や傾斜が障害となっており,移動が困難である.このような問題を解決することは必要である.そこで,車いすにスマートフォンを取り付け,スマートフォンに搭載されているセンサを用いて道路の段差や傾斜を計測し,その情報を用いて最適なルートを提案するシステム「バリアマップ」が提案されている.本稿では,「バリアマップ」のルート提案システムに用いるニューロ技術に関して検証を行う.具体的には,現在のスマートフォンにおいて,どの程度の処理能力があり計算を行うことが出来るかについて調査する. 
(英) Wheelchair users are difficult to move because steps and slopes are obstacles. It is necessary to solve this problem. We propose system "barrier map". It attaches a smartphone to the wheelchair and measures the step and slope of the road using the sensor mounted on the smartphone. Then, this system propose an optimal route using that information. In this paper, we examine the neuro technology used for the route suggestion system of "barrier map". Specifically, we investigate the extent of processing power and current computing capabilities of smartphones.
キーワード (和) 車いす / ニューロダイナミクス / スマートフォン / Android / iPhone / / /  
(英) Wheelchar / Neurodynamics / Smartphone / Android / iPhone / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-125, pp. 99-102, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-125 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バリアマップに向けたニューロ技術のスマートフォンへの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Neuro Technology on Smartphone for Barrier Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車いす / Wheelchar  
キーワード(2)(和/英) ニューロダイナミクス / Neurodynamics  
キーワード(3)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(4)(和/英) Android / Android  
キーワード(5)(和/英) iPhone / iPhone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 俊宏 / Toshihiro Tachibana / タチバナ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Institute of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 道哉 / Michiya Inoue / イノウエ ミチヤ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 雅春 / Masaharu Adachi / アダチ マサハル
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長澤 可也 / Kaya Nagasawa / ナガサワ カヤ
第4著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: Shonan Institute of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-125 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会