電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 11:00
環境ノイズを加えた資源収支モデルによる隔年結実現象
栗田いずみ島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ある種の果樹では,生り年と不生り年を交互に繰り返す現象を呈するものがある.このような現象を隔年 結実現象と呼ぶ.この現象を説明するための数理モデルに,植物の資源に着目した資源収支モデルがある.本稿では, このモデルの資源収支を改良した新しいモデルを提案している.具体的には,前年の資源が減衰するモデルである. また,木々間で実際に観測される種子生産の同期現象を再現するために,提案モデルに共通ノイズ同期現象を導入し た.その際,実際の環境変動を模擬するために提案モデルに対して,木々が得るエネルギに部分的な共通ノイズを印 加している.その結果,部分的な共通ノイズと資源の減衰によって,木々の種子生産量がおおよそ隔年で増減し,か つ木々が同期することを確認した. 
(英) In this report, we investigated synchronization phenomenon of crops in trees without pollination using a resource budget model. First, we proposed a modified resource budget model that incorporates decay effects of resources of the previous year in the trees for maintaing their vital enegies. Next, we applied partially common noise to the proposed model as an environmental variation. As a result, by introducing partially common-noise and the decay effect in the proposed model, crops of trees are synchronized.
キーワード (和) 資源収支モデル / 隔年結実現象 / 共通ノイズ同期 / 環境ノイズ / / / /  
(英) Resource Budget Model / Alternate Bearing / Common Noise-Induced Synchronization / Environmental Fluctuation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-122, pp. 81-86, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-122 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環境ノイズを加えた資源収支モデルによる隔年結実現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Alternate Bearing by Resource Budget Model with Environmental Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 資源収支モデル / Resource Budget Model  
キーワード(2)(和/英) 隔年結実現象 / Alternate Bearing  
キーワード(3)(和/英) 共通ノイズ同期 / Common Noise-Induced Synchronization  
キーワード(4)(和/英) 環境ノイズ / Environmental Fluctuation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 いずみ / Izumi Kurita / クリタ イズミ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕 / Yutaka Shimada / シマダ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 寛太郎 / Kantaro Fujiwara / フジワラ カンタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 徹 / Tohru Ikeguchi / イケグチ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-122 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会