電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-15 09:55
非線形振動子の安定な相互同期のための結合行列の最適化
渡邊暢浩白坂 将東工大)・河村洋史海洋研究開発機構)・中尾裕也東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,周期外力により単一の振動子を注入同期させる際の外力の最適化について研究が行われているが,複数の振動子を相互同期させる際の結合の最適化についてはあまり研究されていない.本研究では,ふたつの振動子が弱い拡散的結合によって相互同期する際の結合行列の最適化について議論する.位相縮約理論を用いて同期状態の線形安定性を極大化するような振動子の状態変数間の結合行列を導出し,実際に同期状態が安定化されて同期状態への収束が速くなることをいくつかの非線形振動子の例により示す. 
(英) Optimization of periodic injection signals for stable synchronization of a single oscillator has been studied recently, but optimization of mutual coupling for synchronization of multiple oscillators has not been considered well. In this study, we analyze optimization of coupling matrices between two oscillators, which undergo mutual synchronizion by weak diffusive coupling. We derive the coupling matrix between the state variables of the oscillators that maximizes linear stability of the synchronous state by using the phase reduction theory, and illustrate that the synchronized state is actually stabilized and the convergence to the synchronized state becomes faster by using several examples of nonlinear oscillators.
キーワード (和) リミットサイクル振動子 / 位相縮約 / 同期現象 / 最適化 / / / /  
(英) limit-cycle oscillator / phase reduction / synchronization / optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-120, pp. 75-77, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-120 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非線形振動子の安定な相互同期のための結合行列の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of coupling matrices for stable mutual synchronization of nonlinear oscillators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リミットサイクル振動子 / limit-cycle oscillator  
キーワード(2)(和/英) 位相縮約 / phase reduction  
キーワード(3)(和/英) 同期現象 / synchronization  
キーワード(4)(和/英) 最適化 / optimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 暢浩 / Nobuhiro Watanabe / ワタナベ ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白坂 将 / Sho Shirasaka / シラサカ ショウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 洋史 / Yoji Kawamura / カワムラ ヨウジ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人海洋研究開発機構 (略称: 海洋研究開発機構)
Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (略称: JAMSTEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 裕也 / Hiroya Nakao / ナカオ ヒロヤ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-15 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-120 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.75-77 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会