電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 16:00
物理乱数生成における観測ノイズ等の除去
新井賢一村松 純NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 物理乱数とはなんらかの非決定論的な物理過程の観測にもとづき生成されたものである.このため,生成方法を慎重に設計すれば物理乱数は原理的に予測不可能なものになり,情報セキュリティの安全性確保のために必要な技術要素となっている.しかし,実際の物理乱数生成装置において誤差を全く含まないことは不可能であり,例えば時間依存性のある観測ノイズが含まれた信号をもとに物理乱数を生成した場合,予測不可能性などの物理乱数の特長が損なわれる可能性がある.このため、一般には観測ノイズなどを慎重に考慮して、物理乱数生成装置を設計しなければならない。しかし,一般的にはノイズの具体的な系列がわからずノイズの影響を受けないように乱数生成を行うことは難しい.ここでは,非決定論的な物理過程とノイズの相互情報量がわかれば観測ノイズに影響されないような物理乱数を生成できることを示す. 
(英) We theoretically show that undesired noise can be eliminated in generating Physical Random Numbers (PRNs). PRNs can be unpredictable since PRNs are generated based on nondeterministic processes of a physical entropy source. The unpredictability is an essential feature for information security. However, noise unavoidably contaminates the observation of the physical process. If the noise has time correlation, generated PRNs can also have time correlation, which implies that the unpredictability of PRN generation is decreased. Therefore, PRN generator should carefully be designed with taking account of such noise. Our theoretical framework indicates that the effect of undesired noise can be removed if we know only the mutual information between the entropy source and observed signals even without knowing concrete time series of noise.
キーワード (和) 物理乱数 / 観測ノイズ / 相互情報量 / / / / /  
(英) Physical random number generation / observation noise / mutual information / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-116, pp. 57-61, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-116 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 物理乱数生成における観測ノイズ等の除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical random number generation under noisy observation of entropy source 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 物理乱数 / Physical random number generation  
キーワード(2)(和/英) 観測ノイズ / observation noise  
キーワード(3)(和/英) 相互情報量 / mutual information  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 賢一 / Kenichi Arai / アライ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 純 / Jun Muramatsu / ムラマツ ジュン
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-116 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.57-61 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会