電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 13:00
遅延結合された2個の2次元Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象
テキ博偉小西啓治原 尚之阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,遅延を含む拡散結合が施された2つの2次元複素Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象について検討する.結合に遅延時間がない場合,空間的に一様な平衡状態が安定となる必要十分条件を導出した.結合に遅延時間がある場合,平衡状態が安定となる結合パラメータの設計手順を与えた.本報告は,先行研究 [テキ他,信学技報NLP2015-111,NLP2015-130] の結果を2次元モデルへ拡張したものと位置づけられる. 
(英) In this report, we investigate amplitude death in a pair of two-dimensional Ginzburg-Landau models coupled by a no-delay connection and a delay connection.Our previous reports [Teki {it et al}., IEICE Tech. Rep. NLP2015-111, NLP2015-130] demonstrated that the no-delay connection and the delay connection can induce amplitude death in coupled one-dimensional Ginzburg-Landau models.This report shows that the characteristic function which governs the stability condition of a spatially uniform steady state in the one-dimensional models is equivalent to that in the two-dimensional models.
キーワード (和) 振動停止 / Ginzburg-Landauモデル / 反応拡散系 / 遅延結合 / / / /  
(英) Amplitude death / Ginzburg-Landau model / Reaction-diffusion model / Delay connection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-110, pp. 25-29, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-110 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅延結合された2個の2次元Ginzburg-Landauモデルに生じる振動停止現象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Amplitude death in a pair of two-dimensional Ginzburg-Landau models coupled by a delay connection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 振動停止 / Amplitude death  
キーワード(2)(和/英) Ginzburg-Landauモデル / Ginzburg-Landau model  
キーワード(3)(和/英) 反応拡散系 / Reaction-diffusion model  
キーワード(4)(和/英) 遅延結合 / Delay connection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) テキ 博偉 / Hakui Teki / テキ ハクイ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 啓治 / Keiji Konishi / コニシ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 尚之 / Naoyuki Hara / ハラ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-110 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会