電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 10:00
ゲイン-パラメータを動的に変化させるDPSOの探索性能
橋本将明金子正人岩井俊哉日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Discrete Particle Swarm Optimization(DPSO)は,PSOを離散値最適化問題に適用できるように改良されたメタヒューリスティクスである.DPSOでの粒子の位置と速度の更新則は形式的に粒子の運動の差分方程式で表現されているが,速度成分は対応した位置ベクトル成分の取る値の確率に結びついている.本稿では,更新則における確率の不確定さをコントロールするためにシグモイド関数にゲインパラメータβを導入し,βと大域探索性能の関係を調べ,βの時間スケジューリングを行うことで探索性能が向上するか数値的に調べた.数値実験により次の結果が分かった:(i) βの値が小さいほど大域探索性能が大きい,(ii) βの時間スケジューリング関数については,減少関数に比べて増加関数β(t)は高い探索性能を示す,(iii)時間的に一定なβと指数関数的に増加する下に凸な関数β(t)の探索過程における性質を比べると, β(t)は探索性能と探索速度のバランスの良い探索過程を実現する. 
(英) Discrete Particle Swarm Optimization(DPSO) is a metaheuristics that is improved to apply PSO to the discrete optimization problem. Although the update rule of both particle position and velocity for DPSO is formally represented by difference equations of motion of the particle, the dimensional component of the velocity is connected by a probability of the value that its corresponding component of the position vector takes. In this study, introducing gain parameter β in the sigmoid function to control the degree of uncertainty of the probability in the update rule, we numerically investigate the relation between β and the global search capability and whether time scheduling of β improves search performance. Results of our numerical simulation show as follows: (i) the global search capability increases with decreasing the value of β, (ii) in the case of time scheduling function of β, temporally increasing functions β(t) show the large search capability in comparison with decreasing functions, (iii) as compared between properties of search processes for the temporally constant β and the exponentially increasing downward convex function β(t), β(t) realizes search processes with good balance between the ability to search better solutions and the search velocity.
キーワード (和) 粒子群最適化 / 離散値粒子群最適化 / シグモイド関数 / 時間スケジューリング / 探索性能 / ナップザック問題 / /  
(英) Particle Swarm Optimization / Discrete Particle Swarm Optimization / sigmoid function / time scheduling / search capability / knapsack problem / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 523, NLP2016-106, pp. 1-6, 2017年3月.
資料番号 NLP2016-106 
発行日 2017-03-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-15 
開催地(和) ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 
開催地(英) Nebuta Museum Warasse 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2017-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲイン-パラメータを動的に変化させるDPSOの探索性能 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Search Capability of DPSO with Dynamically Varying Gain-Parameter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 粒子群最適化 / Particle Swarm Optimization  
キーワード(2)(和/英) 離散値粒子群最適化 / Discrete Particle Swarm Optimization  
キーワード(3)(和/英) シグモイド関数 / sigmoid function  
キーワード(4)(和/英) 時間スケジューリング / time scheduling  
キーワード(5)(和/英) 探索性能 / search capability  
キーワード(6)(和/英) ナップザック問題 / knapsack problem  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 将明 / Nobuaki Hashimoto / ハシモト ノブアキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 正人 / Masato Kaneko / カネコ マサト
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 俊哉 / Toshiya Iwai / イワイ トシヤ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2016-106 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.523 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会