電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-13 13:50
プロトコル非準拠ハニーポットを用いた新種のDRDoS攻撃の早期検知
西添友美横浜国大)・牧田大佑横浜国大/NICT)・吉岡克成松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) UDPベースのプロトコルのうち,要求よりも応答の方が通信量が増幅されるプロトコルがDRDoS攻撃に悪用される.DRDoS攻撃の脅威を抑制する上で,そのようなプロトコルを早期に発見することが重要となる.本研究では,新種のDRDoS攻撃の早期検知に対するプロトコル非準拠ハニーポットの有効性を示す.約2年間の観測実験の結果,新種のDRDoS攻撃,すなわち先行研究で悪用の可能性が指摘されていなかったプロトコルを悪用する攻撃を観測した.さらにWeb上の公開文書を調査したところ,新種の攻撃手法が公開されるより前か,もしくは公開されてから早い段階で観測できていたことがわかった. 
(英) In DRDoS attacks, attackers abuse UDP-based protocols that can amplify traffic. It's essential that we find such protocols as early as possible in order to prevent DRDoS attacks. In this study, we show that protocol-agnostic DRDoS honeypot can find them early. In two-year-long operation, the honeypots were able to observe new DRDoS attack vectors whose protocols had not been known to have amplification vulnerabilities. Moreover, we show that they detected new attack vectors before reported at security and hacking related sites.
キーワード (和) DRDoS攻撃 / DRDoSハニーポット / / / / / /  
(英) DRDoS Attack / DRDoS Honeypot / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 522, ICSS2016-48, pp. 13-18, 2017年3月.
資料番号 ICSS2016-48 
発行日 2017-03-06 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2017-03-13 - 2017-03-14 
開催地(和) 長崎県立大学シーボルト校 
開催地(英) University of Nagasaki 
テーマ(和) 情報通信システムセキュリティ,一般 
テーマ(英) System Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2017-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プロトコル非準拠ハニーポットを用いた新種のDRDoS攻撃の早期検知 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Early Detection of New DRDoS Attack with Protocol-Agnostic Honeypot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DRDoS攻撃 / DRDoS Attack  
キーワード(2)(和/英) DRDoSハニーポット / DRDoS Honeypot  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西添 友美 / Tomomi Nishizoe / ニシゾエ トモミ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧田 大佑 / Daisuke Makita / マキタ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学/情報通信研究機構 (略称: 横浜国大/NICT)
Yokohama National University/National Institute of Information and Communications Technology (略称: Yokohama National Univ./NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-13 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.522 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2017-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会