電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:00
[ポスター講演]複数人対話のためのRNN言語モデルにおける発話終端と話者情報の利用法
芦川博人俵 直弘早大)・小川厚徳岩田具治NTT)・小川哲司小林哲則早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数人による対話において発話される単語の予測性能向上を目的として,複数人対話特有の現象として頻出する発話終端や話者交替に関する情報の,リカレントニューラルネットワーク言語モデルにおける利用法について検討を行った.
発話終端や話者交替に関する情報をコンテキストキューにより表現して他の単語と同等に扱う方法と,特徴ベクトルにより表現してニューラルネットワークに組み込む方法について,実際の複数人対話データを用いて評価を行った.
評価の結果,これら二つの方法はどちらも有効であること,および発話終端の情報がとりわけ複数人対話において単語予測性能の向上に大きく寄与することがわかった. 
(英) Information on the end of sentence (EOS) and speaker alternation was exploited in recurrent neural network-based language models and its contribution to improvement in performance of predicting subsequent words
in multiparty conversations was investigated.
These kinds of information were represented as context cues and feature vectors.
The former context cues can be inserted to the transcriptions for training, equivalently as other word tokens.
The latter feature vectors can be taken as inputs to the neural networks. Experimental comparisons using actual multiparty conversations demonstrated that both representations reduced the perplexity compared to
the case without the EOS and speaker information.
The EOS information contributed a lot to improvement in performance of word prediction, especially for multiparty conversations.
キーワード (和) リカレントニューラルネットワーク / コンテキストキュー / 言語モデル / 複数人対話 / / / /  
(英) recurrent neural network / context cue / language model / multiparty conversation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 477, SP2016-128, pp. 287-290, 2017年3月.
資料番号 SP2016-128 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数人対話のためのRNN言語モデルにおける発話終端と話者情報の利用法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Use of the end of sentence and speaker-derived information in recurrent neural network language models for multiparty conversations. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リカレントニューラルネットワーク / recurrent neural network  
キーワード(2)(和/英) コンテキストキュー / context cue  
キーワード(3)(和/英) 言語モデル / language model  
キーワード(4)(和/英) 複数人対話 / multiparty conversation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芦川 博人 / Hiroto Ashikawa / アシカワ ヒロト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 俵 直弘 / Naohiro Tawara / タワラ ナオヒロ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 厚徳 / Atsunori Ogawa / オガワ アツノリ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 具治 / Tomoharu Iwata / イワタ トモハル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 哲司 / Tetsuji Ogawa / オガワ テツジ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 哲則 / Tetsunori Kobayashi / コバヤシ テツノリ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2016-133,IEICE-SIP2016-188,IEICE-SP2016-128 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.287-290 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会