電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:00
[ポスター講演]従来の室内伝達関数における適応ARMAフィッティングモデルの比較研究
知花賢吾ブルーノ センジオ サヴィノ バーゼル琉球大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,ARMAモデルによる音響エコーキャンセラを行い,様々な室内伝達関数,簡単な白色雑音から指数関数的な雑音エコー経路,初期信号などを組み合わせ,シミュレーションをし,各パラメータから伝達関数の特徴を観察,比較を行う.その結果から最適なARMAモデルのフィッティングを検討する. 
(英) In this research, a series of simulations consisting of different echo paths and signals were implemented. For ARMA fitting purposes, coefficients P and Q, corresponding to the IIR and FIR adaptive responses respectively, were tested for different Room Transfer Functions, varying from simple white noise to exponential noise echo paths and initial signals. As a result, fitting of the optimum ARMA model is examined.
キーワード (和) 音響エコーキャンセラ / 自己回帰移動平均モデル / 伝達関数 / / / / /  
(英) Acoustic echo canceler / Auto Regressive Moving Average / echo path / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-183, pp. 261-265, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-183 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 従来の室内伝達関数における適応ARMAフィッティングモデルの比較研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An adaptive ARMA fitting model for conventional room transfer function a comparison study 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響エコーキャンセラ / Acoustic echo canceler  
キーワード(2)(和/英) 自己回帰移動平均モデル / Auto Regressive Moving Average  
キーワード(3)(和/英) 伝達関数 / echo path  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 知花 賢吾 / Chibana Kengo / チバナ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
Ryukyu University (略称: Ryukyu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ブルーノ センジオ サヴィノ バーゼル / Bruno Senzio Savino Barzel / ブルーノ センジオ サヴィノ バーゼル
第2著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
Ryukyu University (略称: Ryukyu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-128,IEICE-SIP2016-183,IEICE-SP2016-123 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.261-265 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会