電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 14:40
実環境における多点制御法を用いた複数エリア再生
安枝和哉新城大輔片岡章俊龍谷大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,音を特定のエリアへ再生する技術を用いて,複数のエリアに異なる音声を再生する手法を提案する.音を任意のエリアに再生する技術として,境界音場制御に基づいた多点制御法が提案されている.多点制御法は空間上の任意の位置に応答制御点と抑圧制御点を設置し,音源と各制御点までの空間相関行列に基づき制御点上での音圧特性を制御することで,限られた方向やエリアに音を再生する手法である.複数エリアは多点制御法によってそれぞれの音声を異なる場所へ再生し,それらの音声を重ねることで実現が可能となる.本研究では,16ch直線スピーカアレーを用いて複数の領域に異なる音声を再生する手法について,計算機シミュレーションと防音室における実環境実験により検討を行った.制御点配置については抑圧したいエリアの境界に抑圧制御点を設置することで抑圧エリアへの音の漏えいが減少し,複数エリア再生が可能であることを確認した.また,実環境で使用する伝達関数について,相対音圧と主観評価実験により検討を行った.その結果,応答制御点のみインパルス応答を測定し,抑圧エリアの伝達関数を自由空間伝達関数で置き換える手法が,すべての制御点でインパルス応答を測定した手法と比べて差が見られないことから,インパルス応答を測定する制御点数の削減について有効であることを確認した. 
(英) We propose the sound reproduction method that reproducing difference speech in multiple zone by using the sound reproduction method in a limited zone. The multi-point control method (MPCM) based on boundary surface control principle (BoSC) was proposed. MPCM is the method that control sound pressure characteristic in each control point based on the numerical calculation of the inverse of the spatial correlation matrix between control points and the positions of the loudspeakers. The sound reproduction to multiple zone is realized by overlapping speech reproduced to each zone. In this paper, we study on the multiple zone reproduction by MPCM using 16ch linear loudspeaker array. We evaluated multiple sound zone reproduction by using MPCM in real environment and computer simulation. We confirmed that decreasing leak sound by setting suppression control points on boundary of suppression zone. Moreover, we study transfer function of MPCM by relative sound pressure level and subjective test in real environment. As these results, we confirmed the method that replacing transfer function of suppression control points with free field transfer function was effective.
キーワード (和) 多点制御法 / 直線スピーカアレー / 複数エリア再生 / / / / /  
(英) Multi-point control method / Linear loudspeaker array / Multiple sound zone generation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 475, EA2016-143, pp. 339-344, 2017年3月.
資料番号 EA2016-143 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実環境における多点制御法を用いた複数エリア再生 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multiple sound zone generation by using multi-point control method in real environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多点制御法 / Multi-point control method  
キーワード(2)(和/英) 直線スピーカアレー / Linear loudspeaker array  
キーワード(3)(和/英) 複数エリア再生 / Multiple sound zone generation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安枝 和哉 / Kazuya Yasueda / ヤスエダ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新城 大輔 / Daishuke Shinjo / シンジョウ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 章俊 / Akitoshi Kataoka / カタオカ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2016-143,IEICE-SIP2016-198,IEICE-SP2016-138 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.339-344 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会