電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 15:45
位相歪みによる調波成分位相復元を用いた雑音下音声強調
若林佑幸福森隆寛中山雅人西浦敬信山下洋一立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来,雑音下音声強調では振幅のみ処理し,位相は処理されない.しかし近年,位相による音声の質や明瞭性への寄与があることが報告され、注目を集めている.音声強調における位相復元手法として,基本周波数を利用し,調波成分の位相を推定するアプローチが代表的である.このアプローチに基づく従来手法では人工的な位相が推定されるため,雑音抑圧音声も人工的な音声となることが問題であった.また,従来手法では各調波成分の位相が独立に推定されるため,調波間の関係が考慮されていない.そこで本報告では,位相歪みといわれる位相の時間・周波数上の変化を示す特徴量を用いて位相復元を行い,音声強調に適用する.提案位相復元手法は各調波の関係性を考慮し,自然な位相の推定を行うことができる.音声強調の実験を行い,従来の手法と比べ提案法による推定音声が自然なものとなり,PESQなどの客観評価値が改善することを確認した. 
(英) Conventionally the speech enhancement in noisy environment is widely studied by modifying only the amplitude spectrum of the speech signal, while the phase spectrum which is regarded as the unimportant feature in speech enhancement field is ignored. However, it has recently reported that the phase spectrum plays an important role in speech quality. The fundamental-frequency-based approach is known as a phase reconstruction in speech enhancement, which is difficult to estimate an inarificial phase spectrum and speech. This paper proposes the speech enhancement with a phase reconstruction based on a phase distortion, which is the feature that represents changes in phase spectra in harmonic frequencies. The proposed method enables to reconstruct an inartificial speech in comparison to the conventional phase reconstruction. The objective experiment results show the improvement of speech quality and the efficiency of the proposed method.
キーワード (和) 音声強調 / 位相復元 / 位相歪み / 基本周波数 / 調波成分 / / /  
(英) speech enhancement / phase reconstruction / phase distortion / fundamental frequency / harmonics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-200, pp. 351-356, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-200 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相歪みによる調波成分位相復元を用いた雑音下音声強調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speech enhancement with phase reconstruction using phase distortion in harmonic frequency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声強調 / speech enhancement  
キーワード(2)(和/英) 位相復元 / phase reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 位相歪み / phase distortion  
キーワード(4)(和/英) 基本周波数 / fundamental frequency  
キーワード(5)(和/英) 調波成分 / harmonics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 佑幸 / Yukoh Wakabayashi / ワカバヤシ ユウコウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 洋一 / Yoichi Yamashita / ヤマシタ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-145,IEICE-SIP2016-200,IEICE-SP2016-140 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.351-356 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会