電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:00
[ポスター講演]能動騒音制御と聴覚マスキングを用いた工場騒音環境下における音声了解性の評価
伊藤瑠美福森隆寛中山雅人西浦敬信立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,騒音問題が社会的に大きく取り上げられており,多くの人々にとって身近な問題の一つとなっている.特に工場騒音は,工場の作業員にとって強い不快感を与えている.これまで我々は,工場騒音の不快感低減のために能動騒音制御(ANC) と聴覚マスキングの統合を提案してきた.ANC は騒音を同振幅逆位相の音により打ち消す手法,聴覚マスキングは騒音を別の音により覆い隠す手法である.一般に,ANC は低周波数帯域の制御,聴覚マスキングは高周数帯域の制御に有効であるとされている.本稿では,ANC により消音する周波数帯域および騒音のピーク周波数とそれに応じた聴覚マスキングの制御音(マスカー) の周波数帯域を変化させた条件で,騒音下における音声了解性を評価する.さらに,音声の提示方向が音声了解性に与える影響についても評価し,その関係性を明らかにする. 
(英) In factories, factory workers exposed to loud and continual noises feel strong discomfort. We have previously proposed an integration method for active noise control (ANC) and auditory masking for noise reduction. ANC reduces the sound pressure level of the noise in a lower-frequency band, and auditory masking reduces discomfort caused by the spectral peaks in a higher-frequency band. In this paper, we evaluated the voice intelligibility of the noise-reduced speech obtained by applying the proposed method to noisy speech, and we investigated the relationship between voice intelligibility and the proposed method under the condition that the controlling frequency-bands are changed.
キーワード (和) 能動騒音制御 / 聴覚マスキング / 工場騒音 / 不快感低減 / 音声了解性 / / /  
(英) Active noise control / Auditory masking / Factory noise / Discomfort reduction / Voice intelligibility / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-181, pp. 249-254, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-181 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動騒音制御と聴覚マスキングを用いた工場騒音環境下における音声了解性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An evaluation of voice intelligibility in factory noise environment based on active noise control and auditory masking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 能動騒音制御 / Active noise control  
キーワード(2)(和/英) 聴覚マスキング / Auditory masking  
キーワード(3)(和/英) 工場騒音 / Factory noise  
キーワード(4)(和/英) 不快感低減 / Discomfort reduction  
キーワード(5)(和/英) 音声了解性 / Voice intelligibility  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 瑠美 / Rumi Ito / イトウ ルミ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福森 隆寛 / Takahiro Fukumori / フクモリ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-126,IEICE-SIP2016-181,IEICE-SP2016-121 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会