電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:00
[ポスター講演]補聴器のための切替式適応フィードバックキャンセラ
鹿島 翔川村 新阪大)・春原政浩西山和輝昼間信彦リオン)・飯國洋二阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 補聴器における最大の問題であるハウリングは,一般に適応フィードバックキャンセラを用いて除去される.しかしハウリングを除去する代償として,音声など所望信号の音質を劣化させ,異音を出力する現象を伴う.一方,異音現象を解消できるフィードバックキャンセラが提案されているが,これはフィードバックパスを正確に推定するまでハウリングを除去できないという問題がある.そこで本研究ではハウリングの短時間での除去と異音現象の抑制のために,ハウリングの有無に応じて従来のフィードバックキャンセラを適切に切り替える方法について検討する. 
(英) Hearing aids suffer from howling. A traditional adaptive feedback canceller (T-AFC) removes howling, although it often degrades the quality of the desired signal. To prevent degradation, the prediction error method-based adaptive feedback canceller (PEM-AFC) has been proposed. Unfortunately, once howling occurs, it does not remove howling until the feedback path estimation is completed. Herein, we propose a method to suppress the degradation and remove howling in a short time. The proposed method switches the T-AFC and the PEM-AFC depending on whether or not howling occurs.
キーワード (和) ハウリング / 適応フィードバックキャンセラ / ハウリング検出 / / / / /  
(英) howling / adaptive feedback canceller / howling detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 476, SIP2016-179, pp. 237-242, 2017年3月.
資料番号 SIP2016-179 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 補聴器のための切替式適応フィードバックキャンセラ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Switchable Adaptive Feedback Canceller for Hearing Aids 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハウリング / howling  
キーワード(2)(和/英) 適応フィードバックキャンセラ / adaptive feedback canceller  
キーワード(3)(和/英) ハウリング検出 / howling detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿島 翔 / Kakeru Kashima / カシマ カケル
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 新 / Arata Kawamura / カワムラ アラタ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 春原 政浩 / Masahiro Sunohara / スノハラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) リオン株式会社 (略称: リオン)
Rion Co., Ltd. (略称: Rion Co., Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 和輝 / Kazuteru Nishiyama / ニシヤマ カズテル
第4著者 所属(和/英) リオン株式会社 (略称: リオン)
Rion Co., Ltd. (略称: Rion Co., Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 昼間 信彦 / Nobuhiko Hiruma / ヒルマ ノブヒコ
第5著者 所属(和/英) リオン株式会社 (略称: リオン)
Rion Co., Ltd. (略称: Rion Co., Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯國 洋二 / Youji Iiguni / イイグニ ヨウジ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2016-124,IEICE-SIP2016-179,IEICE-SP2016-119 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会