電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 10:45
[特別招待講演]携帯電話や放送の高音質化を支える音声音響符号化技術
守谷健弘NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近い将来日本の超高精細度デジタル衛星放送やIPTVの高音質サービスでの利用が検討されている歪のないオーディオ・ロスレス符号化のISO/IEC MPEG-4 ALS(Audio Lossless, 2005年制定),昨年より世界各国の携帯電話で開始された高音質通話サービス(日本ではVoLTE HD+)に採用されている低ビット低遅延音声音響符号化の 3GPP EVS(Enhanced Voice Services,2014年制定)の二つの国際標準方式の技術や背景を紹介する.あわせて音声音響符号化の研究開発や実用化の歴史や将来展望,線形予測符号化技術の役割などの基本技術についても紹介する. 
(英) Among recent research and development trends on speech and audio coding, two international standard schemes are introduced. One is lossless audio coding, ISO/IEC MPEG-4 ALS (Audio Lossless), which was established in 2005, and may be adopted in the high-quality audio service in the Japanese Ultra High Definition satellite broadcasting and IPTV in the near future. The other is 3GPP EVS (Enhanced Voice Services), which was established in 2014 and has been deployed for high quality mobile phone service (VoLTE HD+ in Japan) in the world since 2016. Additionally, past and future of the R&D of speech and audio coding and some topics on roles of fundamental signal processing tools such as linear predictive coding technology will be covered.
キーワード (和) 音声符号化 / 音響符号化 / 放送 / 携帯電話 / 線形予測 / / /  
(英) speech coding / audio coding / broadcasting / cellular phone / linear predictive coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 477, SP2016-133, pp. 313-313, 2017年3月.
資料番号 SP2016-133 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯電話や放送の高音質化を支える音声音響符号化技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speech and Audio Coding for High-Quality Services of Mobile-Phone and Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声符号化 / speech coding  
キーワード(2)(和/英) 音響符号化 / audio coding  
キーワード(3)(和/英) 放送 / broadcasting  
キーワード(4)(和/英) 携帯電話 / cellular phone  
キーワード(5)(和/英) 線形予測 / linear predictive coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 守谷 健弘 / Takehiro Moriya / モリヤ タケヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 10:45:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2016-138,IEICE-SIP2016-193,IEICE-SP2016-133 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 p.313 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会