電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:00
[ポスター講演]エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの検討
伊藤修平岩谷幸雄東北学院大)・大谷 真京大)・土屋隆生同志社大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無限長入力信号と長時間のインパルス応答の畳み込み信号をネットワークレンダリングで遠隔地に伝送する際,エッジ(クライアント端末)側でよりリアルタイム再現性を向上させるために,二重オーバラップ法の畳み込み信号初期部分をエッジコンピュータ側で処理させることによる,エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの実装を検討した. 
(英) When we calculate a convolution between a long-duration impulse response
(IR) and an original sound source by a rendering server through
computer network, system latency becomes large. In this case, it
becomes effective that a server and a client calculate the
convolution cooperatively. Therefore, we adopt edge-computing
concept. Double-overlap add method was employed
in proposed method. In our method, early calculation of convolution
was performed at a client. On the other hand, the late convolution was
calculated at a server side.
キーワード (和) 聴覚ディスプレイ / バーチャルリアリティ / Kinect / ヘッドマウントディスプレイ / / / /  
(英) Virtual Auditory Display / Virtual rreality / Kinect / Head Mounted Display / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 475, EA2016-121, pp. 225-226, 2017年3月.
資料番号 EA2016-121 
発行日 2017-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SP SIP EA  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-02 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英) Speech, Engineering/Electro Acoustics, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2017-03-SP-SIP-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エッジコンピューティングを用いたネットワーク型聴覚ディスプレイシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network-oriented virtual auditory display system based on edge computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 聴覚ディスプレイ / Virtual Auditory Display  
キーワード(2)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual rreality  
キーワード(3)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(4)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Head Mounted Display  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 修平 / Shuhei Ito / イトウ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 幸雄 / Yukio Iwaya / イワヤ ユキオ
第2著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 真 / Makoto Otani / オオタニ マコト
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya /
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2016-121,IEICE-SIP2016-176,IEICE-SP2016-116 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.475(EA), no.476(SIP), no.477(SP) 
ページ範囲 pp.225-226 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-EA-2017-02-22,IEICE-SIP-2017-02-22,IEICE-SP-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会